ヒグのサッカー分析ブログ

ベガルタ仙台の試合分析が中心です。

自分たちの土俵でサッカーができるかどうか~明治安田生命J1第20節 北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台~

 さて、ご無沙汰になりました。更新再開です。

 今回は、北海道コンサドーレ札幌戦を振り返ります。

↓前回のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

↓前回対戦のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20201004113848p:plain

 ベガルタ仙台は、前節・セレッソ大阪に2-3で敗戦。先制を許すも、後半に西村の2得点で逆転に成功。しかし、終盤にコーナーキックとエクストラプレーヤー・清武に鮮やかに再逆転を許し、悔しい敗戦を喫した。FC東京戦、横浜F・マリノス戦で3バックを採用し、セレッソ大阪戦では4バックに戻した形となったが、それなりに内容が向上したと思う。そしてこの札幌戦で、その向上した部分を「結果」につなげたい一戦だ。
 スタメンは、キーパーのクバから小畑になった以外は変更点はなし。ベンチには、ついにクエンカが入ったが、恐らくクエンカが入ったことによる枠(外国人籍選手)の関係上でクバを外さざるを得なかったからだろう。

 北海道コンサドーレ札幌も、なかなか結果が出ない日々を過ごしている。前節・ヴィッセル神戸戦では、4失点での敗戦を喫している。こちらも浮上のキッカケを掴みたいところだ。

 札幌は、前節から2人しか変わっていないが、配置を大きくいじってきた。システムもお馴染みの3-4-2-1に戻し、前線はアンデルソン・ロペスを頂点にシャドーに駒井と小柏。ウイングに金子。ダブルボランチは荒野と高嶺。3バックは福森が帰ってきて、福森、キム・ミンテ、田中の3枚となっている。

 

前半

(1)中途半端だったボール非保持

 この試合の前半は、開始15分までは仙台がカウンターからチャンスを作り出せていたが、徐々に札幌がペースを握ると仙台の不安定なボール非保持が露わになっていった。

 まずは、その辺りを見ていきたい。

f:id:khigu:20201004203654p:plain

 この試合の仙台は、ボール非保持のセットは4-4-2。前線2枚(ゲデスと関口)はミンテとダブルボランチの3枚を2人で見る形。残りは最終ラインで数的優位を残しながら人を基準として、プレスを掛けるような形でセットされていた。

khigu-soccer.hatenablog.com

 狙っていたことは、昨年対戦したときと同じような形だったと思う。前線2枚がミンテからボランチへのコースを消しながらサイドへ誘導し、そこでサイドハーフがボールを奪ってショートカウンターを狙うような展開へと持ち込みたかったと考えている。

 

f:id:khigu:20201004204029p:plain

 しかし、蓋を開けてみるとこの試合の前線2枚は、相手ボランチへのパスコースを消すことができていなかった。よって、ミンテや左右バック(福森、田中)からボランチへ縦パスを通されることで、あっさり前プレを剝がされることが多かった。

 なので仙台は、時間の経過とともに自陣で構える時間が長くなる。結果的に福森をフリーにさせてしまうことで、福森からの正確なロングフィードからチャンスを作られたり、中途半端に前から行くことで背後を小柏に狙われ、サイドから危ない場面を作られてしまう。

 24分の先制点も、フリーだった福森のフィードから抜け出した金子が折り返し、最後はアンデルソン・ロペスに決められてしまう。

 

f:id:khigu:20201004204422p:plain

 仙台が動き出したのは30分過ぎ。札幌のボール保持に対して、仙台の前プレ隊に浜崎が加わるようになる。数を合わせることで少し札幌に圧力を与えることができたが、ハマらないことが多く、背後を突かれたり、ミンテからアンデルソン・ロペスに一発で縦パスを入れらてしまうシーンがあった。

 なので、前から行くときには、しっかりボランチを消せるかが大事だったし、無理そうならメリハリをつけて撤退守備に切り替えるなど、チームとして意思疎通を持ったプレーをして欲しかったところだ。

 失点は自然な流れだったように思える。

 

(2)前進できなかったボール保持

 曖昧なボール非保持で先制を許した仙台だったが、ボール保持の局面でも、なかなか前進することができなかった。

f:id:khigu:20201004210242p:plain

 この試合で再現性のあった攻撃は、同サイド完結の攻撃だった。11分のプレーが象徴的だったが、センターバックから柳がボールを受けて、相手のウイングバック(菅)を引き出す。そして引き出した背後を道渕がランニングし、ボールを受ける。あとは道渕が福森をぶち抜き、サイドをえぐるパターンだ。また逆サイドのウイングは、ダイアゴナルにランニングすることで、背後を狙ったり、ペナルティエリアへ侵入する。

 これはセレッソ戦にもあった形で、2点目のPKでは西村がダイアゴナルにランニングすることで、セレッソディフェンスラインの裏を取ることができた。

 

 試合序盤はそれで、チャンスを作り出すことができたが、札幌の前からの圧力が強くなると、次第に仙台はボールを前進できなくなった。

f:id:khigu:20201004210800p:plain

 仙台のセンターバックは決してビルドアップ能力に長けている訳ではない。よって前プレを食らうと厳しくなるのは正直なところある。

 よってダブルボランチが下がってボールを受けようとフォローに来るのだが、それによって相手も引き連れてくることになり、どんどん自陣でのエリアがなくなり自ら窒息してしまうことが多かった。

 前回対戦では、吉野がゲデスと長沢を目掛けてロングフィードを送ることで、相手の前プレを回避することができたが、この試合で高さでポイントになれるのはゲデスのみ。よって前線へ送ってもマイボールになることは少なく、札幌のターンになっていった。

 

 このように前半は、ボール保持・非保持の局面で上手く行くことが少なく、時間の経過とともに札幌にボールも主導権も握られる展開になってしまった。先制を許したことも当然の流れだろう。ただ、最少失点で折り返せたことは幸いだった。

 ということで、1点ビハインドで後半へと折り返す。

 

後半

(1)怒涛の3ゴール

f:id:khigu:20201004213040p:plain

 仙台は関口と西村の立ち位置を変更。関口を左サイドハーフ、西村を2トップの一角とする4-4-2へとシステムを変えた。

f:id:khigu:20201004213206p:plain

 1点を追いかける仙台は、後半開始から積極的なプレーを見せる。

 サイドハーフがハーフスペースへ。そしてサイドバックが高い位置を取ることで、サイドの深い位置を取っていく。

 また前線起用の西村はディフェンスラインの背後へ積極的にランニングし、ボールを引き出す。

 このことで仙台は相手陣地でのプレー機会を増やすことができ、二次三次攻撃へとつなげられるようになった。

 そして47分、50分とゲデスが決めて逆転。さらに57分には浜崎の左コーナーキックからニアで平岡が合わせて3点目を決め、一気に逆転に成功する。

 

 特に1点目と2点目は相手陣地の深いエリアへと侵入できたことで、札幌のラインを下げさせ、押し込むことでゴールへと繋がった。

 ビルドアップからの攻撃が上手くいかなかったなかで、あえて早いタイミングで相手陣地にボールを入れることでチャンスを作り出した。この12分間は見事な時間帯だった。

 

(2)受けに回ってしまった仙台

 しかし、その直後の仙台は逆転し追加点を奪ったことでの安堵感なのか、少しプレーの勢い、強度が落ちて札幌の攻撃に対して受けに回ってしまった。

 結果としてこれが、逆転直後の同点へと繋がるわけだが、非常に勿体なかった。

 特に札幌の2点目は、福森のロングフィードから攻撃が始まるのだが、福森に対しても、アンデルソン・ロペスに対しても、サイドへ展開した駒井に対してもプレッシャーを掛けられていない。よって、テンポよくサイドに展開され、ダイレクトのクロスに合わせられてしまった。

 

 前節もだが、受けに回ってしまう。腰が引けてしまう状態になる。リードを奪ったからこそ、もう一度前からプレーしたいし、相手陣地でのプレー機会と時間を増やしたい。

 まだ失点も多く、選手のなかでは背後を取られることを気にしているのかもしれない。しかし、それでもリードしたからこそ、主導権もしっかり握り続けながらプレー欲しい。

 

(3)給水タイムでの修正

f:id:khigu:20201004215419p:plain

 仙台は、67分に長沢と崇兆を投入する。今度は道渕と長沢の2トップという布陣へと変更する。

f:id:khigu:20201004215910p:plain

この交代によって仙台は再び前からプレスを掛けられるようになった。長沢が投入されたことで、ボランチのコースを消しながらプレッシングを掛けられるようになり、札幌のパスルートをサイドへと誘導することができるようになった。

 また馬力のある道渕が前線になったことで、二度追いができるようになり、仙台は高いラインを設定することができた。そして相手陣地でボールを奪ってのショートカウンターを繰り出せるようになった。

 71分の道渕のシュートが決まれば、さまざまなことを帳消しにできたと思う。

 前線からの守備が機能したことで、仙台は再びペースを握ることができるようになった。

 

(3)クエンカ登場から始まった地獄の10分間

 そして仙台は80分に道渕に代えて待望のクエンカが投入される。まさに攻撃の切り札と期待されての投入だった。

 しかし、ゲームはそこから三度札幌のゲームへと移り変わっていった。

 クエンカが投入されたことで、道渕と長沢が行っていた前プレの強度が下がり、長沢が単独でプレッシングに行くことが増え、次第に札幌がボールを保持できる時間が長くなった。

 よって仙台は、前半のように自陣へ撤退し札幌の攻撃を跳ね返す時間帯が長くなる。

 最終的に85分には、ジョンヤを投入してシステムを5-3-21へ変更し、勝ち点1を奪いに行く体制へと変わっていった。

 再三、札幌に決定機を与えながらも、なんとか水際で跳ね返す。クエンカを前線に残し、長沢すらも自陣での守備に参加している状態だった。

 

 仙台は、アディショナルタイム6分間もなんとか凌ぎ切りタイムアップ。悩める両者の対決は痛み分けに終わった。

 

最後に・・・

 逆転し、2点のリードを奪いながらも追いつかれ、痛い引き分けとなった。

 木山監督も試合後の会見で話している通りで、リードを奪った後に腰の引けたプレー、受けに回ってしまったことで、試合を振り出しに戻すことになった。

 なかなか勝てていないと、どうしてもリードを守らないとという意識が芽生えてしまう。ただ、守ろうとするとどうしても今の仙台は守れない。ならば、やはりリードを奪った後も前から行く必要があるし、自分たちのゴールから遠い位置=相手陣地でのプレー機会と時間を増やしていかなければならない。

 そして現状の仙台は、相手陣地に押し込めれば、結構な確率で得点を奪えるようになった。要はいかに自分たちの土俵でプレーできるかだと思う。

 強度を保つのは難しいし、体力的にも厳しい。それでも勝つためには、自分たちが優位な状況を作り出すことが大事だ。そこが生命線になってくる。

 

 勝つことは難しい。今シーズンは特にそう思う。しかし、これを越えなければ勝利は手にできない。まずは灰になるまでハードワークして欲しい。

 次節は圧倒的首位の川崎フロンターレ。もちろん勝つ確率は低い。けど、失うものはない。今できる現状のベストを首位・川崎フロンターレにぶつけて欲しい!!