ヒグのサッカー分析ブログ

ベガルタ仙台の試合分析が中心です。

できることが増えてきたベガルタ仙台~明治安田生命J1第17節 ベガルタ仙台vsセレッソ大阪~

 さて、今回はセレッソ大阪戦を振り返ります。手倉森監督とクルピ監督、8年ぶりの再会。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20210531211330p:plain

 ベガルタ仙台は、前節・名古屋グランパス戦で1-0の勝利。2位撃破と今シーズン初の連勝を上げた。13連戦の13戦目。コンディション的には厳しい部分もあるが、勝利して気持ちよく中断期間を迎えたいところだ。

 名古屋戦から継続してスタメンなのはクバ、アピアタウィア、真瀬、フォギーニョ、西村の5人。ベンチには決勝点を挙げたマルティノス、カルドーゾらが控える。

 セレッソ大阪は、前節・鹿島アントラーズ戦で0-1の敗戦。5月に入ってからは2分3敗と調子を落としてきている。5月ラストゲームの今節は、この暗雲を切り拓きたいところ。

 セレッソは今シーズン初めて3バックを採用。中盤は3センターで原川をアンカーに坂元と清武が並ぶ。2トップの一角には古巣対戦になる奥埜が起用された。

 

前半

(1)セレッソのボール保持と臨機応変に対応できた仙台

 この試合では、セレッソが今シーズン初めて3バックを採用した。

 セレッソも仙台同様にボール保持率は高くない。しかしこの試合においては、ボールを持つ時間が長くなると予想されるので、ボールを保持するうえで噛み合わせの良い配置にしてきたことが、このシステム変更の理由なのではと思っている。

f:id:khigu:20210603205617p:plain

 セレッソの配置は、3-1-4-1-1のような配置。中盤では清武と坂元が比較的自由に動く。特に清武は、ポジションを気にせずにボールに関わることが多かった。

 彼らが動く代わりに、そのポジションに入ったりするなど調整役を行っていたのが奥埜だった。清武や坂元が出て行ったスペースに入るなど、味方のプレーに応じた動きをしていた。中央では、坂元や清武のアイデア勝負で崩しに掛かろうとする。

 サイドではウイングバックが受けたときに、手数を掛けずにアーリークロスを上げることが多かった。クロス精度が高い両ウイングバックなので、そこは2人の特徴を生かしたい狙いだったと思う。

 

 それに対して仙台は、セレッソの様子を見ながら柔軟に守備の対応ができていたと思う。

f:id:khigu:20210603210014p:plain

 仙台の最初の対応は、お馴染みの4-4-2の中央閉鎖。2トップは、アンカーの原川を守備基準点とし、3バックにはボールを持たせる。

 後方の4-4はセレッソの立ち位置に対して、中間ポジションを維持して、どこにボールが入っても対応できる立ち位置を取る。サイドに入ればスライドして対応といった形だった。

 

f:id:khigu:20210606122145p:plain
 中央閉鎖に加えて、状況に応じて前からプレッシングに行くこともできていた。

 サイドハーフセレッソの3バックへプレッシングすることを合図に全体を押し上げて、プレスを掛けに行く。

 2トップは縦関係に。ボールサイドのサイドバックは、ウイングバックをマークする。この守備で高い位置から何度かボールを奪うことができ、チャンスを作ることもできていた。

 ここまでは引いて守備をする時間がどうしても長かったが、全体が連動して前から行くことができるようになっていることは、しっかりチームができることを増やしている証拠だと思う。

 

(2)狙いたいのは「アンカー脇」

 やはり、仙台としては攻撃のときに相手のアンカー脇を狙いたいというはあった。

f:id:khigu:20210603210326p:plain

 システムの嚙み合わせ上、セレッソが押し込んだ展開になれば、奪ったときにアンカー脇のスペースが空く。よって仙台としては、そこをカウンターの起点ないしはボールを落ち着かせる起点として利用した。

 なので、この試合ではボールを奪った後にアンカー脇をポイントに収めて、ボールを落ち着かせて前進できる回数は多かったと思う。

 

f:id:khigu:20210603212417p:plain

 また仙台が押し込んだときのセレッソの3バックは、背後のスペースをケアするためか、あまり迎撃プレスをしてこない(初めての3バックでチャレンジ&カバーの連携が取れてないせいもある)。

 よって、セレッソの3センター(原川、坂元、清武)のエリアにスペースがあり、そこで受けてシュートを打つことができた。

 西村と赤﨑のシュートがバーに直撃したが、どちらも相手3バック前のスペースでのシュートだったことからも、セレッソの守備は前を向かせてしまう守備になっていた。

 仙台としては、どちらかを決めて先手を取りたかったところだ。

 

 前半はお互いに決め手に欠いてスコアレスで後半へと折り返す。

 

後半

(1)困ったときのセットプレー

f:id:khigu:20210603213136p:plain

 前半にフォギーニョがハムストリングを痛め、中原と交代している。

 後半スタートは、お互いに交代なしだった。

 

 後半スタートは、お互いに前半と同じような展開が続いた。その中で、先手を取ったのはセレッソだった。

 原川のフリーキックからチアゴが合わせて先制点を奪う。この試合のセレッソのセットプレーは基本的にチアゴ狙い。原川や清武などいいキッカーもおり、まさに困ったときのセットプレーだった。

 仙台としては久々のセットプレーでの失点。ただ、チアゴをフリーにさせている訳でなかったので、ここは原川のキックとチアゴの強さを褒めるしかない得点だった。

 

(2)ボール保持において整理できた仙台

 先手を取られた仙台だったが、時間も30分以上残っていること、ベンチに加藤やマルティノス、カルドーゾら攻撃的な選手もいることから、決して焦る様子はなかった。

 仙台はハーフタイムでしっかりとボール保持局面で整理できていた。

f:id:khigu:20210603223534p:plain

 前半は上図のような、ボランチ一枚が降りてボール保持する局面を作っていた仙台だが、この配置だとセレッソの前プレに対して、ボールが行き詰まることが多かった。

f:id:khigu:20210603223635p:plain

 後半になると、特にマルティノスとカルドーゾが投入されて以降は、オリジナルポジションはいじらずに、5-3-2の攻略法の基本であるサイドバックを起点にボールを前進させる。

 後半は、前半よりもアンカー脇にボールを預けて前を向けるシーンが増えた。これも配置における優位性を作れたことが理由だと思う。

 

(3)外外循環からの同点ゴール

 時間の経過とともにセレッソも得点を奪うことよりも、守備にウェイトを置くようになる。72分に藤田を投入して以降は5-4-1のシステムへ変更するセレッソ

f:id:khigu:20210603224140p:plain

 このシステム変更の直後に仙台も、蜂須賀と加藤を投入する。

 セレッソの一列目の守備がなくなったことで、ボールを保持して押し込めるようになった仙台。サイドハーフもアンカー脇が消されたものの、ハーフスペースからサイドへ流れる動きで、ボールを引き出す。セレッソが配置を変更して以降は、外外循環で押し込むことが多くなった。

 そして78分に同点ゴールが生まれる。

 左サイドで押し上げて、起点を作ると蜂須賀のファーサイドへのクロスにマルティノスが合わせて同点に追いつく。マルティノスはこれで2試合連続ゴールとなった。

 蜂須賀のクロスも背の高い3バックを越した狙い通りのクロスだった。さすがの一言。

 

 その後は連戦の影響もあってか両者ともに決め手に欠く展開となった。

 ラストプレーの西村の仕掛けから清武の足に引っかかるもPK獲得とはならず。

 手倉森監督とクルピ監督の8年ぶりの対戦はドローに終わった。

 

最後に・・・

 まさに我慢比べのような試合。両者ともに1点を奪って逃げきることがゲームプランだったと思うが、相譲らずといった内容だった。

 

 仙台としては、セレッソが3バックで奇襲をかけてきた中でも落ち着いて守備を行えていたし、連動したプレッシングで高い位置からボールを奪えることもできた。

 攻撃でも相手の立ち位置を見ながら、ボールを動かすことができたし、一度はリードされたものの追いつくことができた。

 

 5月は「鍛え上げる」がテーマだったが、ルヴァンカップも合わせて、連戦をしっかり戦いながら個人レベルでもチームレベルでも、しっかり鍛えられた一か月だったと思うし、ベンチメンバーの豊富さがそれを証明している。

 

 リーグは一旦中断期間に入る。6月9日には天皇杯・いわてグルージャ盛岡と対戦し、次節はアウェイで鹿島アントラーズとの対戦。

前半戦も残り2試合。上がってきた総合力で降格圏脱出と行きたい!!

愚直さと根気強さで掴んだウノゼロ~明治安田生命J1第16節 名古屋グランパスvsベガルタ仙台~

 さて、今回は名古屋グランパス戦を振り返ります。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20210527185440p:plain

 ベガルタ仙台は、前節・大分トリニータ戦で勝利。今季2勝目を挙げた。ルヴァンカップを含めた連戦のなかで戦えるメンバーが揃いだし、誰が出ても組織的な戦いができるようになってきた。今節は2位の名古屋グランパス。個人能力に長けるチームに組織で対抗できるかがポイントとなった。

 大分戦からは、6人の変更。特にアピアタウィア、松下、マルティノス、皆川は久しぶりのリーグ戦でのスタメンとなった。

 名古屋グランパスは、前節・徳島ヴォルティス戦でスコアレスドロー。川崎との2連戦を落とし、川崎の背中が遠ざかったものの、2位は維持している。川崎の背中に少しでも近づくためにも落とせない一戦だ。

 今節は4-3-3のシステムを採用した名古屋。丸山が長期離脱を余儀なくされ、中谷と木本がセンターバックでコンビを組む。両翼にマテウス齋藤学、頂点に柿谷という3トップ。サブには相馬、前田、シャビエル、山崎と、いざとなったら攻勢を強められるメンバーが控えている。

 

前半

(1)教科書通りなフィッカデンティのボール保持

 名古屋は開始10分間の様子見からゲームに入り、そこから自分たちのボール保持時の立ち位置を決定していった。

f:id:khigu:20210528220751p:plain

 12分に稲垣が斜めに落ちたところから、名古屋の立ち位置が決まっていく。

 フィッカデンティが4バック+3センターでボール保持をするときは、良くも悪くも教科書通りである。

 インサイドハーフが2トップ脇に落ちて、サイドバックが横幅を取り、そしてウイングがハーフスペースへ潜り込む形。

 この試合の名古屋は、特に右サイドで頻発していた。稲垣から加藤を切るパスで成瀬に届け、サイドから糸口を見出していった。

 恐らく、この試合では仙台よりも自分たちがボールを保持する時間が長くなると想定し、4-3-3のシステムを採用したのだろう。もちろん仙台は4-4-2なので、フィッカデンティがやるボール保持の仕組みに対して悪くない選択だ。実際にサイドからチャンスを作れていたことからも、一定の効果は出ていたと思う。しかしチャンスを作れていた序盤に決めきれなかったことは名古屋としては痛かったかもしれない。

 

(2)サイドハーフに与えられた2つの守備基準点と愚直な守備

 前述の名古屋のボール保持に対して、仙台は序盤こそ危ない場面を迎えることが多かったが、時間の経過とともに修正されるようになった。

f:id:khigu:20210528221621p:plain

f:id:khigu:20210528221736p:plain
 仙台の守備のポイントは中盤にあった。特にサイドハーフがこの試合で鍵を握っていた。

 名古屋がボールを保持したとき、ボールサイドのサイドハーフサイドバックを見る。またボランチは片方がインサイドハーフ→ウイングのパスラインを消す役割、もう片方が中盤のスペースを管理する。そして、逆サイドのサイドハーフは落ちてないインサイドハーフを監視。

 ボールサイドと逆のサイドバックは捨てて、サイドチェンジと同時にスライドして対応するような仕組みとなっていた。

 よって、仙台は中盤がいつも以上にスライドすることとなったが、各々のタスクが明確なったことで、守備が安定し始めた。

 また中盤の守備タスクによって、仙台のサイドバックは相手ウイングに集中でき、名古屋の攻撃の生命線であるウイングに対してしっかり対応できる準備を整えることにも成功できた。

 

 なので、42分の先制ゴールはある意味で狙い通りのゴールと言えよう。プレスを掛けた際に、マルティノスがあの位置でボールを奪取できたのは、マルティノスの守備タスクがあの状況だと長澤を監視することだったからである。お見事なゴールだったと思う。

 

(3)仙台の唯一の攻め手

 この試合における仙台の唯一の攻め手は、ロングボールを皆川と西村が頑張って競り勝ち、マルティノスの突破力で仕掛ける形だった。

f:id:khigu:20210528222748p:plain

 仙台は、ボールを保持したときに名古屋が前からプレッシングに来ることを逆利用するのが狙いの1つだった。

 稲垣が前へ出てきて、同数でプレスを掛けてくる名古屋を自陣におびき寄せて、一気にクバから前線へフィード。

 逆に仙台も名古屋陣内で同数ができて、競り勝ったところから擬似カウンターで仕掛ける。

 33分にマルティノスが競り勝ったところから西村、真瀬と繋いで、マルティノスが右足でシュートを放ったシーン(惜しくもランゲラックに阻まれる)があったが、あれも名古屋をおびき寄せて、クバからマルティノス目掛けてフィードを送ったところが起点だった。

 大分戦もだが、仙台は前から来る相手に対して、クバを利用して長いボールを使った攻撃が増えてきている。この辺りは徐々に仕込まれてきているように感じている。

 

 前半は、愚直な守備で耐えていた仙台がマルティノスのゴールで先制し、1点リードして折り返す。

 

後半

(1)左サイドから活路を見出す名古屋

 両者ともに交代カードを切らずに始まった後半。試合の展開は、前半同様に名古屋がボールを保持する形となった。

f:id:khigu:20210528224603p:plain

 後半の名古屋は、左サイドから活路を見出すようになる。

 恐らく狙いはマルティノス。スタミナが落ちてくる後半に、守備にムラが出てくるマルティノスサイドを突くことで、仙台を押し込めると考えたのだろう。

 もちろんその予想は当たり、名古屋は左サイドを抉れるようになり、仙台はより押し込めるようになった。

 57分には前田と山崎を投入。マテウスを左サイドに配置。クロスマシーンとして起用し、より左サイドを強力にし襲い掛かってきた。

 

 それに対する仙台は、しっかりペナルティエリアで跳ね返すことを意識。マークを離さないこと、しっかり先に触ってクリアすることで、名古屋の分厚い攻撃を防いでいった。

 

(2)迷い始める名古屋とカルドーゾを投入する仙台

 60分すぎから一時はオープンな展開となり、危ないシーンを招くこともあったがなんとかしのぎ切った仙台。

f:id:khigu:20210528230624p:plain

 飲水タイムを挟んで、仙台はマルティノスと皆川に代えて中原とカルドーゾを投入する。一方の名古屋も、マテウスと柿谷に代えて相馬とシャビエルを投入。

 

 名古屋は、やり方を大きくは変えないというか変えられない。どうしてもアタッキングサードは個人のアイデアと技術に頼る面があり、選手を入れ替えてなんとか打開しようと試みる。

 仙台は押し込まれる展開なのは変わりなかったが、カルドーゾが入ったことで、前線で収められるポイントが作れたことで、カウンターや全体を押し上げる回数も増えていった。

 77分には、カルドーゾのポストプレーを起点にカウンターを発動。西村から再びカルドーゾというシーンは惜しくもランゲラックに阻まれる。ここを決められれば大きかった。しかし、カルドーゾの存在が光ったシーンだった。

 

(3)名古屋の大外アタックと耐えた仙台

 名古屋は、米本に代えて森下を投入し、システムを3-4-3へ変更する。

f:id:khigu:20210528230817p:plain

 名古屋は3バックにし、攻撃の人数をより増やすこと、4バックの仙台に対して大外から大外という攻撃で崩しにかかる。

 83分には、吉田のアーリークロスから逆サイドに振り、成瀬のファーのクロスに森下がフリーで合わせるも枠外。

 87分にも森下のクロスに相馬が合わせるも、クバが右手で食い止める。

 

 仙台も疲労の色が濃かった崇兆とフォギーニョに代えて蜂須賀と匠を投入し、ゲームを閉めにかかる。

 アディショナルタイムには山崎との衝突で、頭を打った吉野がシマオ・マテと交代する。

 アクシデントがありながらも、最後の最後まで集中力が途切れなかった。

 耐えきった仙台がウノゼロで勝利。今シーズン初の連勝となった。

 

最後に・・・

  2位名古屋からの勝利は、非常に自信が付くものとなった。

 もちろん、相手に助けられた面もあるが、自分たちが狙いとしている部分がしっかり表現できたうえでの勝利だったと思う。欲を言えば、カルドーゾの決定機を仕留めることができたら、もっと楽にゲームを進められたが、それは次への課題だ。

 

  守備では、愚直さ根気強さがチームにしっかり浸透しており、誰が出ても崩れない組織力が完成しつつある。第6節のFC東京戦以降は3失点以上したゲームはなく、それは決してまぐれではない。

 また攻撃に関してもカルドーゾの加入、皆川の覚醒もあり、徐々に前線も戦える戦力が揃ってきた。あとはゴールの奪い方。自分たちが得意とする奪い方を作っていきたい。

 

 連戦もあと1試合となった。次節はホームでセレッソ大阪戦。手倉森監督vsクルピ監督は約8年ぶりとなる。連戦最後の試合をホームで勝って、連勝で締めくくって欲しい!!