ヒグのサッカー分析ブログ

ベガルタ仙台の試合分析が中心です。

【食うか、食われるか】明治安田J2第19節 ヴァンフォーレ甲府vsベガルタ仙台

 さて、今回はヴァンフォーレ甲府戦を振り返ります。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

 ベガルタ仙台は、前節・いわきFCに2-1で勝利。前々節・ファジアーノ岡山戦とは打って変わって我慢が強いられる展開だったが、少ないチャンスをモノにして勝点3をもぎ取った。

 前半戦ラストゲームとなる今節はヴァンフォーレ甲府との対戦。前線にタレントが揃う甲府に対してリスクマネジメントをしながら、いかに厚みのある攻撃を繰り出していけるかがカギとなる試合となった。

 今節は2人のメンバーが変わっている。ボランチに出場停止明けの長澤、左サイドハーフに相良が起用された。ベンチには知念が入っており、石尾は今シーズン初のメンバー外となっている。

 一方のヴァンフォーレ甲府は、前節・藤枝MYFCに1-2の敗戦。現在3連敗中となっている。前節からシステムを3バックに変更したが、セットプレーとPKでの失点で屈した。ホームでも未だ1勝しかしておらず、昇格を狙うためにはこれ以上の負けは許されない。後半戦への巻き返しに向けて弾みを付けたい一戦となった。

 甲府は今節も3-4-2-1のシステム。右ウイングバックに関口、シャドーに宮崎、ワントップにピーター・ウタカが前節からの変更点となっている。ベンチには怪我明けの木村が名を連ねた。

 

前半

(1)「3」と「2」の間

 仙台は試合開始からオナイウの快足を生かした背後への飛び出しで甲府を押し込んでいく。すると8分にはヘナト・アウグストが負傷し、飯田との交代を余儀なくされる。

 守備陣の控えがいない甲府は、関口を右バックにし今津を左バックへと配置転換した。

 

 次第にボールを保持できるようになったのは仙台だった。

 甲府のボール非保持の形は、撤退時は5-4-1、前から行くときは5-2-3となっていた。

 甲府の特徴はダブルボランチが仙台のダブルボランチに対して奪いに行くことである。盤面的にも仙台のビルドアップ隊に対して甲府のダブルボランチと3トップはミラーの形になるため、ダブルボランチがボールを奪いに行って、そこからのショートカウンターを狙う算段だった。

 

 逆に言えば、仙台としてはダブルボランチのプレスを越えられれば一気にチャンスを迎えられる。郷家と中島はダブルボランチの背後で楔を受けられるポジションを取っていた。前半序盤は、そんなつばぜり合いが続いていった。

 

 そして、そんな展開で最初にチャンスを活かしたのは仙台だった。

 仙台は菅田の楔パスによって、甲府のダブルボランチを越えることに成功すると郷家がオナイウへ展開。オナイウが右サイドを抉ってから上げたクロスに郷家が合わせて先制点を奪った。

 郷家はこれが今シーズンリーグ戦での初ゴール。仙台は狙い通り甲府のダブルボランチを越えてからの攻撃をゴールまで結びつけられた。最終的にペナルティエリアには5人もの選手がおり、ここまでボール保持を高めていった成果が出たシーンでもあった。

 

(2)右サイドユニットからの攻撃とアダイウトンの一発

 先制点を奪われた甲府だが、次第に右サイドから押し込む時間帯を増やしていった。

 ヘナト・アウグストが負傷交代し、右バックに関口が起用されたことで右サイドの攻撃に変化が生まれていた。

 甲府は右サイドから前進を図るときには関口が右サイドバックとなり、飯田、宮崎との3人の関係となる。対する仙台の守備は相良と髙田の2人のため単純に数的優位を作れる。

 甲府は飯田が髙田を引き寄せて、その背後を宮崎がランニングすることで右サイドの奥深い位置までボールを進められるようになった。

 

 次第に甲府がペースを取り戻していくなかで、仙台もボール保持の安定からゲームのリズムを落ち着かせようとするが、後方でのミスが続きなかなか落ち着くことができない。

 そんななかで生まれたのが30分の同点ゴールだった。

 小出が菅田からのパスをトラップミスすると、アダイウトンが拾ってそのままペナルティエリアに侵入してゴールを決めた。

 仙台としては最も与えたくないシチュエーションでアダイウトンへボールを渡してしまった。その前にもボール保持時にミスが続き、うまくリズムを作れなかったことも含めて悔しい失点となった。

 

(3)右サイドのポジションチェンジによるタスク整理

 仙台は失点後に右サイドのポジションを変更。オナイウと郷家が入れ替わった。

 このポジションチェンジによって、右サイドのタスクが整理された。

 オナイウと真瀬の右サイドコンビのときは、お互いが内と外を使い分けながら突破を図っていたが、郷家が右サイドになったことでハーフスペースのライン間に郷家、真瀬は大外になる配置に固定される。加えてオナイウは最前線から背後へ抜け出す動きで甲府のディフェンスラインを押し下げていった。

 この変更もあり、仙台は再び甲府陣内へ攻め入る回数を増やす。サイドの奥深くを取れるようになったことで押し込む回数、セットプレーを獲得する回数を増やしながらペースを取り戻していった。

 しかし、勝ち越しゴールまでには至らず、前半は1-1の同点で折り返す。

 

後半

(1)右サイドのユニット攻撃とライン間に登場する鎌田大夢

 後半も前半同様の構図で試合は進む。仙台はキックオフから右サイドを前進すると、郷家が中島へピンポイントのクロスを上げるが打ち切れなかった。

 そんなキックオフの形が象徴するように仙台は右サイドのユニット攻撃で突破を図っていく。

 特に出し手となる小出は、前半以上に積極的に楔のパスを入れたり、対面するアダイウトンを交わして前進するなど失点シーンのミスを取り返そうと積極的なプレーで右サイドの攻撃を下支えしていた。

 時間の経過とともに、仙台がボールを保持しながら甲府陣内でのプレー時間を増やしていくと、59分に名願、70分に鎌田を投入する。

 鎌田が投入されてからは、鎌田は右サイドハーフのポジションながら押し込むと中央に移動し甲府のダブルボランチ付近でプレーすることで、長澤、松井に時間とスペースを配っていく。

 鎌田がいることによって流動性を増していった仙台は、甲府人海戦術に対して狭いスペースにボールを入れながら崩していく。

 76分には鎌田、中島で甲府の守備ブロック内に侵入し、抜け出した松井が右サイドの奥深くまで抉ったもののクロスが合わなかった。

 それ以外にもセットプレーからの二次攻撃などで決定機を迎えるものの、なかなか甲府の牙城を崩せない展開が続いた。

 

(2)押し込めるか、一発を仕留められるか

 終盤に差し掛かると、押し込む仙台、耐える甲府の色がより濃くなっていく。

 そんななかで甲府は守備強度を保ちながら、カウンターでの一発を決めるために小林と内藤を投入する。

 一方の仙台は、勝点3が取りたい状況のなかで内田と中山を投入。髙田をセンターバックにする攻撃的な布陣を敷いた。

 

 終盤は両チームともにチャンスが訪れる。88分にはコ・ホンジョのキックを前線で収めて鳥海のスルーパスに内藤が反応するも林が足で食い止める。

 仙台も89分に郷家がセカンドボールを粘って真瀬へ展開しクロスを送るも、名願のヘディングシュートはゴール上を越えていった。

 お互いにチャンスがありながらも決めきれなかった後半はスコア動かず。そのまま1-1のドロー決着となった。

 

最後に・・・

 いい形からゴールを奪えたものの、一瞬の隙を突かれて同点に。その後は甲府の人を掛けた守備を崩し切れず悔しい引き分けとなった。

 ボールを保持できたのは仙台だが、決定機の数としては同じくらいだった。決めきれなかったと表現もできるし、逆転されなかったとも表現できる内容だった。

 やはり簡単な試合は1つもないし、守備の強度やリスクマネジメントを維持しながら、さらに攻撃で迫力とクオリティを増していくことが課題であると改めて感じた。

 

 これで前半戦が終了。ここまで9勝6分4敗の勝点33で4位は悪くない数字だ。9勝のうち8勝は1点差を制した試合。また逆転勝利が3試合と接戦をモノにする地力と、最後まで諦めない粘り強さや失点しても盛り返していくメンタリティはこの19試合で得られた。

 一方で3ゴール以上奪った試合が未だになく、得点力や決定力、特にゴール前でのクオリティはさらに高めていかなければならない。また点差を広げて楽にゲームを進められるようになることも夏場の戦いなどを考えていくと必要になっていく。

 まだまだこのチームには伸びしろがあって、それでいて今の順位というのはある意味贅沢な話だ。この結果に満足せず、さらに成長して最後までこのレースに残っていきたい。

 

 次節は水曜日に天皇杯徳島ヴォルティス戦を挟んで、ホームでのV・ファーレン長崎戦。自動昇格圏内に位置する相手との6ポインターとなる。

 第2節の対戦では、長崎も発展途上だったので勝つことができたが、長崎はその仙台戦以外で負けていない。外国籍選手を中心にチームが構築され、前回対戦したチームと別のチームと思った方がいいだろう。これから仙台が自動昇格圏内を争っていけるかはこの試合に掛かっていると言っても過言ではない。

 後半戦初戦にして重要な一戦。ホームの大声援を背にして長崎を飲み込む勢いで襲い掛かっていきたい!!

 

ハイライト


www.youtube.com

 

公式記録

www.vegalta.co.jp

【耐え難きを耐えて勝点3】明治安田J2第18節 いわきFCvsベガルタ仙台

 さて、今回はいわきFC戦を振り返ります。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

 ベガルタ仙台は、前節・ファジアーノ岡山に1-4の敗戦。今季最多の4失点を喫してしまった。要所での守備の集中力を欠いたり、オーバーアタック気味になった背後のスペースで個人能力が高い岡山の攻撃陣にやられた格好となった。

 そんな前節の戦いぶりを反省し、もう一度守備の集中力を高めて挑みたいところだ。今節は高い強度とハードワークを信条とするいわきFCが対戦相手。勝点差も近いだけに落とせない一戦だ。

 今節は、チームの核となっていた長澤が出場停止。代わりに松下がスタメンとなった。それ以外にも真瀬が今シーズン初スタメン、名願が左サイドハーフで名を連ねている。また郷家が右サイドハーフで、オナイウが2トップの一角を担った。ベンチには内田、鎌田が前節から代わってメンバー入りとなっている。

 一方のいわきFCは、前節・徳島ヴォルティスに1-1の引き分け。今シーズンは主力が多く移籍したものの、就任2年目となる田村監督のもとで得点力がアップし、プレーオフ争いに加わっている。高い強度と出力、ハードワークをベースにいわきらしいサッカーで仙台を下して、再度プレーオフ圏内へと順位を上げたい一戦だ。

 いわきは照山と大西が前節負傷したため欠場。センターバックの真ん中に大森、右バックに五十嵐を起用した。ダブルボランチに下田と山口、左ウイングバックに坂岸、近藤を頂点に有馬と谷村がシャドーを組む3-4-2-1のシステム。ベンチには大迫や西川、ブワニカなど攻撃の切り札となりゆる選手が多く控えている。

 

前半

(1)デザインされたセットプレーでのゴール

 試合は開始早々に動く。仙台が試合開始から押し込む時間帯を作ると連続してセットプレーを獲得し、6分に先制点を奪う。

 松下の正確なキックに、ペナルティエリア手前で待ち構えていた髙田が見事なボレーシュートでネットを揺らす。トレーニングから準備していた形でのゴールを奪った。

 またこのシーンでは、地味ではあるが郷家が有馬をブロックしているところがポイントになっている。郷家が有馬をブロックしたことで、有馬は髙田へ寄せるタイミングが遅れて、髙田は時間とスペースを得てしっかりミートしたシュートを打つことができた。

 

(2)いわきのボール保持と対する仙台の守り方

 その後は、時間の経過とともにいわきがボールを保持する時間が長くなっていく。

 いわきのビルドアップ隊は3バックと下田の4人。下田の相方である山口はビルドアップのサポートをしながら、左インサイドハーフのような立ち位置でプレーすることが多かった。よっていわきの左サイドは坂岸、山口、谷村の3人の関係で突破を試みる仕組みとなっていた。

 逆に右サイドは五十嵐が出し手で加瀬と右シャドーの有馬がサポートする形になるので、敵陣に入ると有馬と加瀬の2人の関係で仕掛けることが多かった。

 

 対する仙台は、3バックに対して2トップと名願がプレッシングに行くようになっており、特に2トップは背中で下田のパスコースを消しながらプレッシングを仕掛け、名願は五十嵐へプレッシングを掛ける約束となっていた。

 名願が前に出て行くぶん、どうしても髙田と名願の間にスペースが生まれるが、そのスペースは守備範囲の広い松井がカバーする算段となっていた。特に松井は有馬に対してしっかり寄せることで起点を作らせない働きをし、髙田も加瀬とのマッチアップでしっかり対応することで左サイドを蓋をすることができていた。

 いわきの攻撃も特にアタッキングサードへ入ったときの連携が上手くいっておらず、そこで仙台も対応できた場面が多かった。

 それでも仙台陣内でセカンドボールを回収されることもあり、そこからいわきにチャンスを作られていたのも事実だった。

 

 この試合で仙台が抱えていた問題は、守備面よりもボール保持の局面で、ビルドアップからの前進を試みるものの、いわきのプレッシングを浴びてロングボールを前線へ送ることが多くなり、この試合の2トップがオナイウと中島だったこともあったので、なかなか前線で収まらずに回収され、いわきのターンが続くこととなった。

 それでも先制点を奪っていたこともあり、前半はリスクマネジメントをしながら、カウンターから手数を掛けずに仕掛けるような試合展開で45分を過ごしていった。

 前半は、仙台がデザインされたセットプレーから髙田が決めて、1点リードで折り返す。

 

後半

(1)前節同様の失点とすぐさま盛り返した仙台

 いわきは後半から近藤に代えて西川を投入する。

 後半も開始早々にゲームが動く。次にスコアを動かしたのはいわきだった。

 後半の最初のチャンス。右スローインの流れから加瀬のアーリークロスに谷村が合わせて同点に追いつく。

 仙台としては、2試合続けて同じ後半開始早々にゴールを奪われることとなった。ゴールシーンでは加瀬に対して髙田の寄せが甘く簡単にクロスを上げさせてしまった。

 ただ、いわき側の視点で言えば、前半の加瀬は縦への仕掛けが多く、それが伏線となったとも言える。いわきとしては早い段階で追いつけたことは大きかった。

 

 前節同様の失点となった仙台だったが、前節と打って変わって盛り返すことに成功し、6分後に勝ち越しゴールを決める。

 郷家が敵陣でセカンドボールを拾うと名願へ展開。名願は縦へ仕掛けてシュートを放つ。立川がセーブさえるも真瀬が詰めて、さらにそのこぼれをオナイウが押し込んだ。

 セカンドボールの回収からゴールまで常に前向きのプレーが連続した得点。各選手の良さがゴール前で発揮されたシーンだった。

 前節とは違い、今節はすぐさま盛り返して再びリードする展開で試合を進めることとなった。

 

(2)右サイドの修正とアーリークロス雨あられ

 1点ビハインドの展開となったいわきだが、その後はより攻勢を強めていく。

 後半のいわきは、より人数を掛けて押し込んでいくようになる。

 右サイドでは五十嵐が加勢することで、仙台の左サイドハーフを押し込んでいくようになる。

 そして何よりも同点ゴールのように手数を掛けずにアーリークロスからゴールを目指すようになった。

 特に62分に左ウイングバックに大迫が投入された以降はアーリークロス雨あられ。シンプルにアーリークロスを入れていくことでゴール前までかなり近づいていった。

 仙台としてもボールホルダーへプレッシングを掛けたいが、いわきの攻撃がシンプルなためになかなかプレッシャーを掛けられずに、どうしても自陣で耐える時間が長くなっていく。

 当然押し込まれればピンチの数は増えていく。

 それでも最後の砦となる林の数多くのセーブで、危ないシーンを何度も乗り切っていく。特に76分の西川の決定機を阻止したのはこの試合の分岐点となるシーンだった。

 

 仙台はなんとか自陣に耐えながら時計の針を進めていく。

 73分にはオナイウから中山に代えて前線のポイントを作り、ラスト10分になると途中投入されていた相良が左ウイングバックとなる5-4-1のシステムに変更し、前線に人を掛けるいわきへ人海戦術で守る形に変えていく。

 86分には松下と中島に代えて内田とエロンを投入し、さらに守備強度を上げる。

 最終盤は5-4-1で完全撤退に切り替えたことで、しっかりクロスを跳ね返すことができ、このままのスコアでファイナルホイッスルを聞くことができた。

 

 苦しい試合展開だったが、数少ないチャンスを活かした仙台が2-1で勝利し、勝点3をゲットした。

 

最後に・・・

 勝点2差のいわきに対して、守備の時間がとにかく長い展開となったが、準備していた形のセットプレーと後半のワンチャンスを活かして勝点3をもぎ取った。

 苦しい試合展開になることは戦前でも予想はしていたが、特に後半はアーリークロスを多用するいわきに対して防戦一方だった。それでも前節4失点した反省もあって、今節は最後まで全員が集中力を切らさずに戦い切った。

 

 今シーズンはここまで9勝しているが、うち8勝は1点差での勝利。とにかく接戦を制している。もちろん追加点を奪って楽にゲームを進められれば一番だが、現状は緊迫した接戦を制することで精一杯だ。ただ勝点3を積み上げていることは事実で、それはリーグ戦において最も重要なこと。

 後半戦に向けて、特にここから夏場の戦いでさらにしんどいシチュエーションが出てくるはず。それでもこの粘り強さは間違いなくチームのベースになっているし、我慢比べな展開になったときに、こちらがさらに強度と出力を上げ、相手を上回りゴールを奪えれば自ずと得点数も勝点も積み上げていけると思っている。

 

 次節は折り返しとなる試合。アウェイでヴァンフォーレ甲府との対戦となる。甲府は今節藤枝に敗れて3連敗中。浮上のきっかけを掴めていない印象だ。それでもピーター・ウタカやファビアン・ゴンザレス、アダイウトンなど一発を仕留められる外国籍選手が多くいる。岡山戦のように手薄になった背後を突かれる可能性が大いにあるだけに、ビハインドの展開にはしたくないし、しっかりリスクマネジメントをしていきたい。

 アウェイ連戦になるが、甲府も下してより上の順位で後半戦へ挑んでいけるよう頑張って欲しい!!

 

ハイライト


www.youtube.com

 

公式記録

www.vegalta.co.jp