ヒグのサッカー分析ブログ

ベガルタ仙台の試合分析が中心です。

似た者同士~明治安田生命J1第29節 清水エスパルスvsベガルタ仙台~

 さて、今回は清水エスパルス戦を振り返ります。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

↓前回対戦のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20210919073337p:plain

 前節・ガンバ大阪戦で12試合ぶりに勝点3をゲットした仙台。新加入の富樫や西村らアタッカー陣がゴールを奪い、勝利することができた。残留に向けて、この勢いをさらに加速させたい今節の相手は勝ち点差4で追いかける清水エスパルスとの対戦。勝てば1差まで縮まるだけに是が非でも勝利したい一戦だ。

 仙台は、富樫がハムストリングの違和感を覚え欠場。今節はカルドーゾと西村のコンビとなった。また右サイドハーフには中原が起用された。ベンチには、久しぶりに皆川が控える。

 一方の清水エスパルスは、前節・サガン鳥栖に敗れ9戦勝ちなし。なかなかトンネルを抜け出せずにじりじりと降格圏の背中が見えてきた状況だ。清水にとってもこれ以上負けられない試合。この試合を勝利することで、降格圏から離れたいところだ。

 清水は、ベンジャミン・コロリがコンディション不良のため欠場。右サイドハーフには西澤、左サイドハーフには鈴木唯人が起用されている。それ以外は変更なし。ベンチにはカルリーニョスやディサロらが名を連ねた。

 

前半

(1)似た者同士だからこそ現れた「差」~その1~

 この試合の前半を見た感想は、お互いに似た者同士だなということだった。

 両者ともに4-4-2のソリッドな守備をベースに、カウンターよりもボール保持攻撃を優先し、オープンな展開よりもよりクローズドな展開へと持ち込みたい。

 故にミラーゲームとなったこの試合の前半は、攻守が激しく入れ替わる展開ではなく、ボール保持とボール非保持の局面になる時間帯が多かった。

 

 そんな似た者同士の戦いゆえに、仙台よりも清水の方がチーム力も個々の能力においても、数段上ということが現れてしまった内容となった。

 では、具体的にどこに差が出たのか。前述したボール保持局面とボール非保持局面に分けて見ていきたい。

 

 まずは清水がボールを保持し、仙台がボール非保持になる局面。

f:id:khigu:20210919213938p:plain

 清水はボール保持局面になると、ダブルボランチの一角が最終ラインに落ちて両サイドバックを高い位置へと促す。

 そんな清水のボール保持に対して仙台は、4-4-2のブロックを基軸としながら、相手のビルドアップ隊3枚(センターバックと降りたボランチ)へプレッシャーを掛けて、清水の攻撃を限定させていくのが狙いだった。

 このときに、左ハーフスペースにいる清水の選手に対して中原がアプローチを掛けるのだが、その背後に鈴木唯人が登場し、ビルドアップ隊からボールを引き出す。または、ビルドアップ隊から中原を越すロブパスで一気に片山へとボールを付ける。

 このように中原が食いついた背後のスペースを上手く利用して、清水の左サイドは仙台の列を越えていく。

 反対に右サイドでは、ヴァウドがハーフスペースから前進を試みる。同じくハーフスペースに立つ西澤へ縦パスし、西澤がフリックしたところを原が追い越していくのが右サイドの崩しの基本パターンだった。

 先制点はセットプレーでの得点だったが、そのセットプレーを獲得したシーンは、前述した中原の背後を鈴木唯人が利用したことで前進できたプレーだった。

 

 仙台としては、2トップの追いかけ方、後方で支援するサイドハーフのタスクをしっかり整理する必要があっただろう。前プレへ行くべきか、後方でブロックを形成するのか。ここはディフェンスラインの指示も含めてコントロールすべきだった。

 それでもなんとかなったのは、広範囲でカバーしたセンターバックコンビのおかげ。アピアタウィアと吉野は2トップを監視しながら、しっかり背後のカバーリングを行ったことで、清水に決定機を与えずに済むことができた。

 

(2)似た者同士だからこそ現れた「差」~その2~

 次に仙台がボールを保持し、清水がボール非保持になる局面を見ていきたい。

f:id:khigu:20210919215419p:plain

 仙台も清水同様にボランチを1人降ろして、サイドバックを高い位置に持っていくことで、サイドからの攻撃を試みた。

 このときの清水のボール非保持の形は、4-4-2。基本的にはブロックを敷く形だが、プレッシャーを掛けるときは藤本がスイッチャーになる。

 清水は仙台と違ってサイドハーフの役割がハッキリしており、基本的にサイドバックの位置に合わせるようにし、ビルドアップ隊からパスを寸断したり、牽制を掛ける。

 よって監視されているサイドバックは、パスコースが限定されたことで高い位置を取れずに、どうしても低い位置を取るしかなくなる。

 加えて仙台の攻撃の要となっている上原に対しては、松岡が厳しくチェックし上原からの展開を許さない。

 仙台は、上原にボールが渡ったときに引っ掛かってショートカウンターを食らった場面が数回あったが、あれは松岡が上原を厳しくチェックしていた結果だ。

 毎試合、ボランチの位置から的確な展開でリズムを作っていた上原が封じ込まれたことで、仙台はボールを保持できていても、そこからなかなか上手く前に進めることができなかった。

 

 このように清水の方が保持・非保持の局面においてしっかり整理されており、仙台は苦しい前半を過ごすこととなった。

 前半は左コーナーキックからチアゴサンタナが決めて清水が1点リードで折り返す。

 

後半

(1)理に適いそうだったシステム変更

 後半スタートから中原→福森。仙台はシステムを3-4-2-1に変更する。

f:id:khigu:20210919221259p:plain

 3バックに変更したことで、まず効果が出たのは守備の面だった。

f:id:khigu:20210919222249p:plain

 3バックになったことで、清水のボール保持に対して守備基準点を明確にすることができ、前半よりも迷わず高い位置からプレッシングを掛けられるようになった。もちろん後方が同数になることがあり、それが裏目に出そうなシーンもあったが、得点が欲しく、自分たちのペースに持っていきたい仙台にとっては良い交代だったと思う。

 

 しかしペースを取り戻せそうだった矢先にミスから追加点を許すことになる。

 クバの判断が遅れたところを藤本に狙われ、そのままボールはゴールへと吸い込まれていった。仙台にとっては痛恨の失点だった。

 

 ただ、時間としては約40分間残されているなかで、仙台は1つずつ返そうと交代カードを切り、松下と関口を投入する。

f:id:khigu:20210919223627p:plain

 この交代以降から次第にボールを保持できるようになる仙台。

 左サイドでは福森が配球役になり、崇兆を高い位置に押し上げながら自身もサイドバックになり、崇兆と西村の3人の関係で清水の深いエリアに侵入できるようになる。

 加えて、前半は松岡の厳しいチェックの前になかなか持ち味を出せなかった上原だが、システム変更し松岡がシャドーを見るようになったことで、上原が前を向けるシーンが増え、そこからの展開からチャンスが作れるようになる。

 右サイドでは関口がハーフスペースでしっかりボールを受けることができ、それによって蜂須賀が高い位置を取れ、深い位置からクロスを上げる回数も増やせるようになった。

 徐々に流れを持って来れたなかで、59分に仙台は1点を返す。

 上原のコーナーキックからカルドーゾが強烈なシュートを決めて1点差へと詰め寄る。カルドーゾは来日初ゴールとなった。

 

(2)盤面を合わせる清水。ファイヤーフォーメーションで賭けに出る仙台。

 システム変更により徐々に試合のペースを取り戻せた仙台だったが、再び潮目が変わったのは67分の清水の交代だった。

f:id:khigu:20210919224606p:plain

 清水は藤本からカルリーニョスへスイッチ。この交代と同時に清水も仙台と同じく3-4-2-1のシステムへ変更し、盤面を合わせミラーゲームを再び形成する。

 このシステム変更によって、盤面を合わせられたことで再び前進できなくなっていく。まさに前半のリピートのような状況にさせられてしまった。

 

 その後、サンタナが競り合いで首を負傷しディサロと交代。この交代と同じタイミングで仙台は赤﨑と皆川を投入。

f:id:khigu:20210919225305p:plain

 この交代でアタッカー陣4人を並べるファイヤーフォーメーションへと打って出る。

 しかし、かなりバランスを崩してしまった格好になり、うまく機能しなかった。

 

 反対に清水は、途中投入で入ったディサロがしっかりボールを収めることでチャンスを作り出す。

 アディショナルタイム8分あったなかで、仙台もパワープレーからゴールへと襲い掛かるも、最後まで同点に追いつくことができなかった。

 試合は、1-2でタイムアップ。残留争い直接対決は悔しい敗戦となった。

 

最後に・・・

 失点自体はセットプレーと自滅という形だったが、内容からすると似た者同士という側面もあって、それなりに清水とは差があったなというのが率直な感想だ。

 それでも後半、システムを変更して相手との「ズレ」を生じさせることでペースを取り戻せたのは良かったと思う。その後に盤面を合わせられたのは、ロティーナ監督さすがだなと。

 

 もちろん、残留を争うなかで近い順位の清水に負けたことは痛い。しかし、この試合では最後まで同点、逆転を目指して最後まで諦めずに戦っていたし、ファイティングポーズを取り続けていた。

 まだ何も決まったわけじゃないし、何かを起こすには十分なくらいの試合数が残っている。まずは諦めずに目の前に一戦一戦を集中して戦いたい。

 アウェイ連戦が終わって、次節はホームに戻り徳島ヴォルティスとの対戦。すぐ上の順位にいるチームだけに、是が非でも勝利を掴み取りたい。

 清水戦で味わった悔しさをバネにホームで思い切ったプレーで、果敢にゴールへ向かって欲しい!!

スタートライン~明治安田生命J1第28節 ガンバ大阪vsベガルタ仙台~

 さて、今回はガンバ大阪戦を振り返ります。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

↓前回対戦のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20210915213401p:plain

 代表ウィーク明けの試合。ベガルタ仙台は、前節・サガン鳥栖に敗れ、11戦勝ちなしの状況が続いている。鳥栖戦ではボール保持を主体とする相手に3バックで対策を練ったがエドゥアルドの直接フリーキックで沈んだ形となった。残りは11試合。ここからはいよいよ残留に向けて1試合1試合が重要となってくる。

 前節は3バックを採用したが、今節は4バックへと戻した。蜂須賀、加藤が前節に代わってスタメンに。両者ともに久々のスタメン起用となった。

 ガンバ大阪は15連戦を終え、ようやく通常のスケジュールでの戦いとなる。第24節・清水エスパルス戦以降勝ちはなく、ルヴァンカップでもセレッソ大阪に敗れ敗退。浮上のきっかけが欲しい一戦となった。

 今節は3-4-2-1のシステムを採用。代表帰りの昌子とキム・ヨングォンが3バックに名を連ね、ボランチは倉田と井手口、右ウイングバックに小野瀬、パトリックを頂点に宇佐美と小野がシャドーを務める布陣となった。

 

前半

(1)宇佐美サイドから崩しにかかる仙台

 前回対戦でのガンバは、前から積極的に仙台のボール保持へプレッシャーを掛けて奪いに行く姿勢を見せた。

 しかし、今節ではボールを奪いに行くことよりも5-4-1にないしは5-2-3で守備ブロックを組んで、リトリートすることがほとんどだった。

 よって仙台は、ビルドアップから攻撃を開始するシーンを多く作ることができていた。

f:id:khigu:20210915215323p:plain

 撤退守備を選択したガンバに対して、仙台は徹底して右サイドからの攻撃を繰り返していく。

 仙台の狙いは明白で、守備が得意ではない宇佐美サイドから攻めることだった。

 宇佐美は基本的にポジションにいても、ボールホルダーへプレスを掛けたり、相手のパスコースを限定するようなことはしない。要はアリバイ守備の状況だ。

 

 仙台は、アピアタウィアやダブルボランチから攻撃をスタートさせる。前線では加藤が高い位置を取ることで藤春をピン止め。このことで蜂須賀をフリーになる。

 ガンバの守備は、人への意識が強い。よって仙台のボランチにボールが入りそうになると、すかさずガンバのボランチ(特に倉田)が食いつく。この時にアピアタウィアが1つ飛ばして加藤や赤﨑へ楔のボールを入れる。

 そしてバイタルエリアに侵入できた仙台は、2トップとサイドハーフのコンビネーションを中心にガンバの最終ラインを崩しにかかる。

 また、状況に応じては楔のボールだけではなく、富樫や赤﨑、加藤らが裏へ抜け出して、ディフェンスラインの裏でボールを引き出す動きを行っていた。

 

 仙台の攻撃のほとんどが、この相手が食いついた背後を突くパターンだった。中断期間に攻撃の連携を向上できたこと、またガンバの守備の特徴をしっかり研究したことで、効果的な攻撃を再現性高く行うことができた。

 

 37分の先制点もやはり右サイドからの攻撃だった。きっかけはセンターサークル付近で、上原が宇佐美からボール奪取したところからだった。

 宇佐美が戻る前にすかさず右へ展開。そこから時間を掛けて押し上げ、最後はフリーだった蜂須賀のクロスに富樫が合わせた。

 このときにペナルティエリアに仙台の選手が4人いる。それだけ時間が作れた証拠だ。加藤と赤﨑がキムと昌子を引き付けたことで、富樫はフリーでヘディングシュートをすることができた。

 

(2)取られて取り返して。不安定だったラスト10分間。

 しかし、その直後に追いつかれる。

 右サイドを崩されて、最後は藤春のクロスに途中投入の矢島が合わせた。クロスが蜂須賀の足に当たるアンラッキーはあったものの、直後の失点は勿体なかった。

f:id:khigu:20210915221216p:plain

 反省すべきとしたら、ガンバがキムから藤春へパスを出したときの立ち位置だろう。

 加藤がキムへ行くのか迷ったポジショニングをした結果、背後の藤春へ通され、列を越えられてしまった。

 プレッシングに行くか、藤春のパスコースを消すか(カバーシャドウ)、藤春の位置まで下がるか判断をハッキリしたかったところ。

 得点直後で前から行くのか、後ろで構えるか迷いが出てしまった。この辺りはチームマネジメントを含めて、今後の課題だろう。

 

 しかし、決して焦らなかった仙台。ガンバがペースを上げなかったことも相まって、すぐに落ち着いてボール保持攻撃からリズムを取り戻すことができた。

 そして42分に、右サイドの高い位置で加藤が仕掛けてファウルを受ける。

 そのフリーキックを富樫が再び決めて、すぐさま勝ち越しに成功する。

 取り返された後にすぐに取り返せたことは何よりも良かった。

 37分以降、得点が動いた試合となったが、2-1でリードして折り返すことができた。

 

後半

(1)システム変更によって自由度が増したガンバ

 後半開始からは両者ともに、メンバーもシステムも変更なしで始まったが、10分経ったところでガンバが動く。

f:id:khigu:20210915223143p:plain

 ガンバはシステムを4-4-2へと変更する。

f:id:khigu:20210915223459p:plain

 このシステム変更によって、ガンバは各選手の自由度が増し、またサイドバックが高い位置を取り、井手口も3列目から絡んでいくことで、前半よりも人数を掛けて攻めに出るようになる。

 そして、システム変更した直後の57分に中央から侵入して左へ展開。矢島のダイレクトのクロスが蜂須賀のハンドを誘い、PKを獲得する。

 これをパトリックが決めて、ガンバは同点に追いつく。

 

(2)押し下げるカルドーゾとバイタルを突く西村

 同点に追いつかれた仙台は、64分の飲水タイムに3人の選手交代を行う。

 中原、西村、カルドーゾを投入する。

f:id:khigu:20210915224943p:plain

 4バックになったことで自由度が増し、前への人数を増やしたガンバ。それに対して仙台は2トップの役割を明確にすることで、再度ペースを戻そうと試みた。

 カルドーゾは、相手センターバックと対峙し、ボールを収めたり自らが運んだりして、全体を押し上げる役割。

 西村は、カルドーゾよりも低い位置、相手ボランチ付近でボールを受けることで、前線と中盤の中継点の役割を担った。

 また彼らと一緒に投入された中原は、サイドでボールを落ち着かせ、そしてカウンター発動時には、2トップに絡んでいくことを求められた。

 

 そしてそれが実を結んだのが79分だった。

 縦パスをカットした崇兆から中原へパス。ここでカウンターが発動。中原はすかさず西村へスルーパスを送り、そのまま西村はドリブルから自身の得意な形でゴール右隅へ決め、三度勝ち越しに成功する。

 前に人数掛けたガンバに対して狙い通りのゴール。カルドーゾも斜めのランニングで、センターバックを引き付けることができた。交代で入った3人が絡んだ得点だった。

 

 その後、仙台は81分に真瀬、89分には福森を投入し、5バックで逃げ切りを図る。

 ガンバは、アディショナルタイムに入るとパトリックや昌子を目掛けたパワープレーへに打って出るも、集中力を保った仙台がしっかり跳ね返した。

 アディショナルタイム7分という長い時間をしっかり抑えた仙台が3-2で勝利。12戦ぶりの勝点3をゲットした。

 

最後に・・・

 12戦ぶりの勝利。ようやく勝利を手にすることができた。

 勝因は主に2つあると思う。1つは中断期間に向上できた攻撃とコンビネーション。この試合では特にガンバの守備をしっかりと研究して、ウィークポイントを突いた攻撃で得点に結びつけることができた。

 もう1つは、攻守において属人的なガンバの戦い方に対して、しっかり組織として戦えたこと。選手交代も含めて、うまくゲームを勝ち筋へと持ち込むことができた。

 

 まず1つ勝てたことで、ようやく残留争いのスタートラインに立てたかなと。あくまでここからが始まりで、本当の戦いはここからのラスト10試合だと思う。

 次節はアウェイで清水エスパルス戦。ガンバに比べれば守備組織がしっかりしており、また前線にはチアゴサンタナという強烈な選手がいる。ガンバ戦のようにはいかないだろうし、真価が問われる一戦。

 まずは1つ勝てたことを自信にして清水へと乗り込みたい。連勝してホームに帰ってきましょう!!