ヒグのサッカー分析ブログ

ベガルタ仙台の試合分析が中心です。

成長し続ける仙台~明治安田生命J2第17節 大宮アルディージャvsベガルタ仙台~

 さて、今回は大宮アルディージャ戦を振り返ります。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

 ベガルタ仙台は、前節・ツエーゲン金沢に4-1で勝利し首位に浮上した。前節はダブルボランチがゴールをするなど多くの収穫があった試合だった。今節はここまで苦しい戦いを強いられている大宮アルディージャとの対戦。個々人のレベルが高いチームだけに、今節も隙を与えずに勝利したい一戦だ。

 仙台は金沢戦からスタメンとベンチを変えずにこの試合に挑んだ。

 一方の大宮アルディージャは、前述したように下位に沈んでいる。なんとか状況を打破しようと原博美氏をフットボール本部長に招聘したり、システムも4-4-2にし守備を再整備するなどを試みたことで、最近は4試合負けなしだった。しかし、ミッドウィークに行われたいわてグルージャ盛岡との延期分の試合に敗戦。連戦となる今節だが、ホームで落とせない一戦となった。

 大宮は岩手戦で南がアキレス腱断裂の大けがを負い長期離脱。代わりに志村がゴールマウスを守る。また茂木、小島、富山がスタメンに名を連ねている。

 

前半

(1)洗練された仙台のボール保持

 試合開始から大宮の4-4-2の守備ブロックに対して、仙台がボールを保持しながら前進を試みるという構図で進んでいった。

 大宮の守備は、前から積極的にプレスを掛けるのではなく、構えた状態から仙台のサイドバックにボールが渡ると大宮のサイドハーフがプレスのスイッチを入れる形となっていた。

 

 対する仙台のボール保持は、この1週間でより洗練されたものになっていた。

 前2試合で長崎、金沢という大宮と同じく4-4-2で守備ブロックを組む相手に、仙台はボランチに厳しくチェックされ、思うように前へ進めないことがあった。

 その反省もあり、この試合では大宮の守備ブロックに対してボランチの立ち位置を変えた。中島が2トップ間に立ち、2トップをピン止め。フォギーニョは相手2トップの右脇にポジショニングし、若狭、名倉、遠藤と四角形を作る。

 逆に、2トップの左脇には氣田が落ちてきてテヒョンからボールを引き出し、横幅は内田が、富樫は背後を取る動きで起点を作る役割を担った。

 また、最後方では小畑とセンターバック2人がビルドアップ隊になっていた。

 立ち位置を整理できたことで、仙台はスムーズに一列目を突破し、大宮陣内へと侵入していく。6分にはビルドアップの局面からいい距離感でのパス回しで大宮の一列目、二列目を突破し、最後は若狭の決定機に繋がった。

 このように大宮の守備ブロックに対して、いい立ち位置とテンポのよいポゼッションから列を越えていきチャンスを作って、主導権を握ることができた。

 

(2)慣れてくる大宮とバグを起こす遠藤

 ただ、時間の経過とともに大宮も仙台の配置とポゼッションに慣れていく。特に縦パスに対しては厳しくチェックすることが多く、仙台が遠藤や富樫に縦パスを入れたところに対してはセンターバックを中心に奪うことができていた。よって、大宮としてもそこまでやられてはいない印象だったと思う。

 また20分にはテヒョンの縦パスを奪った武田から一気にショートカウンターを発動し柴山のシュートへ繋げたシーンは大きなチャンスだった。

 

 よって仙台も少しずつ変化を加えていく。その主役になったのはこの日も遠藤だった。フリーマンである遠藤は序盤は相手ボランチ付近で起点となることが多かったが、20分過ぎになると下がってボールを受けるようになったり、他の選手(特にサイドハーフ)とポジションチェンジをしながら、ピッチを空いているスペースに顔を出すことで起点となり、仙台は落ち着く場所を確保することに成功する。

 序盤の展開から少しずつ奪いどころを設定できていた大宮としては遠藤の存在は非常に厄介で、結果ペースを握り切れない状態となった。

 

 そして、30分に仙台が先制点を奪う。

 内田のインナーラップに対してテヒョンがロングフィード。これが茂木と西村の事故を誘い、突破に成功。フリーの内田が上げたクロスを名倉が合わせて先制点を奪う。

 大宮の軽率なミスがあっての得点だが、それを作り出した内田のランニングとテヒョンのフィードを褒めるべき得点だった。

 続いて38分には、セットプレーから追加点を挙げる。

 遠藤の左コーナーキックを若狭がニアでフリックし、最後は富樫が合わせる。

 この試合のコーナーキックは、ゾーンで守る大宮の守備に対して徹底的にニアに走り込む若狭へ合わせる形がほとんどだった。スカウティングの成果もあって仙台は効率よく2点を決めることができた。

 

 前半はボール保持からリズムを作り、効率よく2得点を奪うことができた。仙台が2点リードで後半へと折り返す。

 

後半

(1)背後へのロングボールが多くなる仙台

 前半はボール保持の形からペースを奪うことができた仙台だが、後半になると相手背後へのロングボールが多くなった。

 以下は原崎監督の試合後の記者会見コメントである。

■ゲームコントロールの課題について、2点をリードして入った後半の立ち上がりに距離がうまく取れなかったりロングボールから失点したりしてばたついた時間がありましたが、どうやって立て直しましたか。

前半が終わって、選手同士の話などがあって、「相手の背後が意外と空いていたので、そこを少し突いていこう」という話をした中で、安易なロングボールが増えてしまいました。距離感の問題というよりは、そこを見る意識はよかったのですが、あまりスペースがないのにそこに入れていったり、簡単に背後を取りに行ったりするところがあったので、「もう少し下でいく」という話は、試合の中で選手にも話しました。途中からまた自分達のペースでできていた時間もあったので、先ほども言いましたようにゲームコントロールといったところはもっと成熟していかなければいけないと思っています。

引用元:2022明治安田生命J2 第17節 大宮アルディージャ

 このコメントにあるように、ハーフタイムで選手たちとの話し合いで決めたようで、このあたりはピッチで感じた選手たちの意見も含めながら戦っていることがうかがえる。

 後半序盤は、大宮の背後にロングボールを送ることでセカンドボールを回収したり、大宮ディフェンスがスローインに逃げたことで高い位置でのスローインを獲得するなど一定の成果は得られたが、コメントにもあったように安易なロングボールが増えたことで、全体が間延びし前半できていたコンパクトな陣形からのビルドアップが鳴りを潜めてしまった。

 

 結果的に自分たちでリズムを狂わしたところから仙台は失点を喫することとなる。

 フォギーニョの横パスをカットされ、小島から富山で一気にフィニッシュまで持っていき、1点差に詰め寄られてしまう。ここはダブルボランチがリスクを負って前に出たことで中央にぽっかりとスペースを与えてしまったのだが失点の原因となってしまった。

 

(2)華麗な崩しから大宮の心をへし折る3点目

 1点を返したことで息を吹き返した大宮。対する仙台は失点直後は少し受けに回る時間となった。

 今まであったら、大宮のハイプレスに対して受けに回る時間が長くなったと思うが、そうならないのが今年の仙台。

 大宮がボランチ含めて前からプレッシングを掛けるので、ボランチセンターバックの間が空いてくる。仙台はそこへボールを入れて起点を作るようになる。

 そして生まれたのが3点目だった。

 富樫が起点を作るとフォギーニョ⇒名倉と繋いで氣田へ展開。氣田はドリブルで相手を引き付けると最後はフォギーニョが2試合連続のゴールを決める。

 大宮の空けたスペースをうまく利用することで生まれた得点。一連の流れも見事だったし、大宮のペースになりかけたところを一気にへし折った仙台だった。

 

(3)選手交代による活性化を図る大宮と前線が起点を作る仙台

 大宮は失点直後に2トップを入れ替え河田と菊地を投入する。1点差に詰め寄り攻撃のギアを上げるための交代だったと思うが、投入前に突き放されてしまった。

 仙台も遠藤からカルドーゾへスイッチ。遠藤は連戦を考慮しての交代だったのかもしれない。

 

 大宮は69分にも泉澤を左サイドハーフに投入する。2トップが入れ替わり、泉澤が左サイドに入ったことで2トップが収めて泉澤へ展開し、左サイドから仕掛けていく形に大宮はなった。

 それに対して仙台は若狭が泉澤と対峙しスピードを殺し、名倉とともに簡単にクロスを上げさせないように対応していた。若狭は2018年に泉澤と東京ヴェルディでともにプレーしているので、特徴がよく分かっていたのかもしれない。

 

 仙台は72分に氣田と富樫に代わって加藤と皆川を投入する。大宮の攻撃へ対応しながら、ロングボールから2トップが起点を作るような形に変えていった。

 大宮は連戦ということもあり、時間の経過とともに次第にスタミナがなくなって足が止まり始まる。これで仙台が再びボールを持ち出すとダメ押しの4点目を決める。

 約1分半、20本以上のパスを繋ぎ、左へ展開。内田のクロスにカルドーゾが合わせて4点目を決める。

 大宮はダブルボランチを中心にプレスに行けなくなり、仙台に好き勝手ボールを回させてしまった。

 

 その後、内田と中島に代えて真瀬と吉野を投入。テヒョンを左サイドバックにする形を試す。

 大宮も最後の力を振り絞ってパワープレーに出ると90+3分に泉澤のアーリークロスセンターバックの西村が折り返して菊地が決める。

 直前に若狭が足首を痛めてスライドできなかったのが失点につながった。ここは吉野やフォギーニョが下がってくるように指示できていれば、防げたのかもしれない失点だった。

 

 そして試合終了。仙台は2試合連続の4得点で首位をキープした。

 

最後に・・・

 しっかり勝てたことはとても大きいし、何より5連戦や金沢戦を経て課題にしていたボール保持において、一定の収穫を得られたことが大きい。現状に満足せずにしっかり進化していこうとしている姿が見て取れた。

 しかし、失点シーンはミスや防げた部分もあったと思うので、そこは反省と課題かなと思う。またロングボールが増えた後半に関しては、ロングボールを蹴るところと地上で繋いでいくところの使い分けができればより良かった。そうやってできたことと課題とを出して、またその課題をクリアしていくことでさらに成長して行って欲しいと思う。

 

 次節はミッドウィーク開催。ホームにファジアーノ岡山を迎える。木山監督との再会だ。1シーズンながら仙台のために戦ってくれたことに感謝はしているが、恩返しはされたくない。連戦でハイプレスを仕掛けるチームとの対戦だが、さまざまな攻撃を使い分けて攻略し、4連勝を達成して欲しい!!

 

ハイライト


www.youtube.com

主役はダブルボランチ~明治安田生命J2第16節 ベガルタ仙台vsツエーゲン金沢~

 さて、今回はツエーゲン金沢戦を振り返ります。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

 ベガルタ仙台は、前節・V・ファーレン長崎に2-0で勝利。5連戦を4勝1敗で乗り切り2位に浮上した。このまま昇格争いに勝ち残っていくには、もっともっとチームがパワーアップしていく必要がある。今節の相手であるツエーゲン金沢は長崎同様に守備がベースのチームだけに、長崎戦の反省を活かして金沢の守備を攻略したいところだ。

 仙台は3人のメンバーを入れ替え。右サイドバックに若狭、ボランチにフォギーニョ、右サイドハーフに名倉が入った。ベンチには加藤が戻ってきている。

 一方のツエーゲン金沢は、前節・レノファ山口戦で苦しい試合展開だったが、アディショナルタイムに決勝点を奪い、今シーズンホーム初勝利を挙げた。柳下監督のもと、オーソドックスな4-4-2のシステムを採用し、守備から素早いカウンターが特徴のチーム。ホーム初勝利の勢いをそのままに上位食いといきたいところだ。

 今節は、2トップの一角に古巣対戦となる杉浦恭平が入り、嶋田が右サイドハーフになる布陣となった。杉浦同様に古巣対戦となる藤村もボランチとして先発に名を連ねた。ベンチには、前節決勝点を決めた大石や、ケガから戻ってきた丹羽らメンバー入りを果たした。

 

前半

(1)金沢の前プレをトリガーに前進する仙台

 前節の長崎戦では、ボール保持時において長崎の2トップとボランチに仙台のボランチをしっかり監視されたことで、なかなか自分たちのテンポでボールを前進させることができなかった。

 そんな反省点を踏まえた金沢戦は、相手の前プレをトリガーにすることで、自分たちのテンポでボールを保持することができた。

 この日の仙台はオリジナルポジションそのままに4-4-1-1でのボール保持を行う。遠藤は降りたり、間で受けたり、時には背後へ抜け出したりと文字通りフリーマンとしての役割をこの試合でも担っていた。

 金沢は守備時に、2トップと両サイドハーフが連動して前からプレッシングを掛ける。基本的には仙台がセンターバックからサイドバックにパスしたときにプレスのスイッチを入れていた。

 対する仙台は、その前プレをトリガーにサイドバックから縦パスを入れることでプレッシング部隊を越えて、敵陣へと侵入していく。キーマンになったのは、右サイドバックでの起用となった若狭だった。若狭にボールが渡るのと同時にフォギーニョ、遠藤、名倉がパスコースを形成し、彼らがボールを受けることで列を越えていく。元々ビルドアップ能力には長けている若狭を起用したのも、この狙いがあったからだろう。

 また、金沢の2トップは基本的に前への矢印が強く、守備基準点がセンターバックのため、若狭からフォギーニョや中島にボールが入ると、簡単に前を向いてプレーすることが多かった。ここは長崎より楽だった部分で、フォギーニョと中島が中盤で躍動できた1つの理由であった。

 また、最前線の富樫はサイドへ抜け出してボールを受ける回数が多く、サイドの奥で起点を作ってから攻め込む形が多く、この試合でもペナ角からの侵入を試みていた。ちなみにこれが先制点への伏線となる。

 

(2)ボール保持へチャレンジする金沢

 一方の金沢も後方からのビルドアップから前進を試みることが多かった。

 金沢のボール保持は、仙台の4-4-2に対して2トップ脇を起点としてボールを前進させていく。金沢は藤村が2トップの間に立ち、相方の小野原が2トップ脇に登場、状況に応じては左サイドハーフの平松も降りてボールを引き出す。右サイドハーフの嶋田は右ハーフスペースを起点としながら、中央に移動したり、時には逆サイドまで出張することもあった。また、両サイドバックを高い位置にポジショニングすることも特徴の1つだった。特に左サイドバック長峰は積極的な攻め上がりからクロスを送ることも多かった。

 

 それに対して、開始から20分過ぎまでは4-4-2の守備ブロックで金沢のボール保持に対応していた仙台だが、金沢のボール保持のやり方に慣れてくると次第にプレスを掛けるようになる。

 仙台は2トップ脇に登場する選手に対して、サイドハーフがプレッシングに行くようになる。なお、高い位置を取るサイドバックへは仙台のサイドバックがスライドして応対する。このプレッシングを続けることで、徐々に金沢のボール保持に対して高い位置からプレッシングを掛けられるようになる。

 30分には金沢のビルドアップを氣田が引っ掛けてショートカウンターを仕掛けると最後はフォギーニョのシュートまで繋がる。

 

 再び、ペースを握り始めた仙台は、38分に先制点を奪う。

 遠藤が左のペナ角から侵入すると、松本に倒されてフリーキックを獲得。そのフリーキックを中島が直接決める。コースとスピードがパーフェクトだった中島の移籍後初ゴールだった。

 

 前半は、ボランチを中心に自分たちのテンポでボールを保持でき、守備でも相手のビルドアップを阻害できるようになったことで主導権を握れて、中島の直接フリーキックで先制点を奪うことに成功した。

 仙台が1点リードで折り返す。

 

後半

(1)立ち位置・距離感の修正とカウンターからフォギーニョ2発

 前半から自分たちのテンポでボールを保持できた仙台は、後半に入ってもその時間帯と攻撃回数を増やすために、立ち位置と距離感の修正を図った。

 前半はボールサイドに対して人が密集する形が多かったが、後半は前線4人の立ち位置を修正することで、よりテンポよくボールが動かすことができた。

 まずボールサイドのサイドハーフは内に絞ってサイドバックボランチとの距離感を大切にする。逆サイドのサイドハーフは内に絞らずに大外の張って大きな展開で受けてサイドから仕掛けられるように準備する。

 遠藤はフリーマンというよりリンクマンとして、前半よりも下がらずに相手ボランチ付近でプレーすることでボランチサイドハーフ、富樫の手助けをする。

 富樫は前半はサイドへ抜け出していたが、後半は中央にポジショニングをし、縦パスを受けて攻撃の起点になることが多かった。

 後半は上図のようにサイドバックサイドハーフボランチから2トップへ縦パスを送ることで、一気にギアを上げる攻撃を仕掛けることが多かった。

 

 後半の入りもペースを握ったまま迎えると、カウンターから金沢を突き放すゴールを決める。

 両方ともに自陣でボールを奪ってからのカウンターからフォギーニョが2ゴールを挙げる。ここまでカウンターでの得点が多い仙台だが、この2点はフォギーニョが日頃からカウンター時に攻めあがるという意識があってこその得点だった。特に3点目は自身が奪ったところから一気にゴール前に走り込んだゴールだった。フォギーニョは嬉しい来日初ゴールをユアスタで決めることができた。

 

(2)一矢報うために仕掛ける金沢

 62分までで3点を奪った仙台は、氣田と遠藤に代えて鎌田とカルドーゾを投入する。金沢も一気に3人を交代し、毛利、須藤、丹羽を投入する。

 この交代以降から少しずつ金沢がボールを握って仕掛けだす。

 金沢は左サイドを中心に攻める回数を増やした。藤村が2トップ脇に登場し、左サイドハーフに入った須藤が間のポジションで受けることで仙台の守備ブロック内に侵入し、そこからサイドへ展開しクロスから得点を奪いに行く。

 後半入ってから、名倉周辺でボールを前進することが多く、それを柳下監督もわかって須藤を投入したのではないだろう。また左で攻めているときは右サイドバックに入った毛利が内に絞ることでバランスを取っていた。

 

 一方の仙台も遠藤と氣田からカルドーゾと鎌田になったが、カルドーゾのところでなかなかボールが収まらず、また守備に追われてしまったことで鎌田の良さが出ない時間帯が続き、3点目を奪った以降は金沢に主導権を握られた形になった。

 

 その後、金沢は大石を右サイドに投入し、右サイドから縦への仕掛け続けると、74分に得た右コーナーキックから松本が決めて1点を返すことに成功した。

 

(3)流れを引き戻した皆川のポストプレーと献身性

 1点を奪われた仙台は、失点になるコーナーキック前に吉野と皆川をフォギーニョと富樫に代えて投入する。

 3点目を奪って以降は、なかなか流れを引き戻せずに1点を返された仙台だったが、皆川が入ったことで再び前線の起点ができるようになり、敵陣でのプレー回数を増やすことができた。

 そして81分に仙台が再び突き放すことに成功する。

 コーナーキックのセカンドボールを回収した加藤からカルドーゾへ。カルドーゾの突破から低いクロスを上げるとファーで皆川が合わせて4点目を決める。

 途中投入から前線で起点を作り、また献身的プレーも光った皆川が、しっかりゴールという形で結果を残すことができた。

 またアディショナルタイムには、カルドーゾから皆川でゴールネットを揺らすもオフサイドで5点目とはならず。

 そして試合終了。仙台は今シーズン初の4ゴールで金沢に勝利し、首位へ躍り出た。

 

最後に・・・

 前半から自分たちのテンポでゲームを進めることができ、先制点を奪い、得意のカウンターで点差を広げた。その後の試合運びには課題を残したが、途中投入の皆川も結果を出し、おおむね満足のいく内容と結果になった。

 ようやく1週間の準備期間を経て迎えられた試合で、課題をしっかりとクリアしながら勝てたことは大きいことだと思う。

 また、ここまで中盤の底でハードワークしていたボランチコンビがゴールを奪ったことも喜ばしい。

 ケガ人も徐々に戻ってきているとの情報もあるので、多くの選手が競争するなかで、さらにチーム・個々人のレベルアップができていけば、長丁場のリーグ戦を乗り越えられるのではないだろうか。

 

次節はアウェイで大宮アルディージャとの対戦。ここまで下位に苦しむ大宮であるが、個々人のレベルは高く決して侮れない。スペースを見つけて、相手よりも速く、そして高い強度を保てば、今節のような試合にすることができると思う。次節もまた相手よりもハードワークして、3連勝を飾れることを期待したい!!

 

ハイライト


www.youtube.com