ヒグのサッカー分析ブログ

ベガルタ仙台の試合分析が中心です。

システム変更で光は見えたか~明治安田生命J1第17節 FC東京vsベガルタ仙台~

 さて、今回はFC東京戦を振り返ります。早くもリーグも折り返し。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20200922100022p:plain

 ベガルタ仙台は、前節・大分トリニータに0-3の完敗。これで3連敗となった。攻守ともになかなか手応えを掴めず、内容も結果も乏しいのが本音の状況だ。

 今節は、この状況を打破するためにシステムを3-4-2-1のシステムを採用。今シーズン初の3バックとなった。3バックの一角には横浜Fマリノス戦以来の出場となるアピアタウィア久。またウイングバックには真瀬と崇兆。前線は長沢を頂点に、関口とジャーメインがシャドーとして並ぶ。ベンチには今シーズン初めて川浪が入り、また道渕も戻ってきた。

 一方のFC東京は、ミッドウィークにACLの日程の関係で大分トリニータ戦を戦っている。しかし2-3で敗戦。その前の神戸戦でも引き分けを喫し、停滞気味な印象だ。FC東京にとっては波に乗り切れていない仙台に対してしっかり勝ち点3を得たい一戦だ。

 大分トリニータ戦からは5人のメンバーを変更。渡辺、中村帆高、内田、田川、アダイウトンがそれぞれ先発に名を連ねている。

 

前半

(1)5-2-3でのボール非保持

 この試合の仙台は、今シーズン初めて3バックでゲームに臨んでいる。木山監督がコメントしている通り、「まずは失点しないこと」を意識し、後ろに厚みを持たせることとなった。

 では、そんな仙台の攻守の狙いについて整理していきたい。まずはボール非保持から。

f:id:khigu:20200922152601p:plain

 仙台のボール非保持のセットは5-2-3だった。東京がボール保持の局面になったときは、初めから5-4-1でセットというよりは、やや高い位置で守備をセットしていた。

 局面ごとに見ていくと、前線の3枚は長沢が基本的にアンカーの品田を監視。時と場合によってはセンターバックへとプレッシングを行っていた。

 シャドーの関口とジャメは、センターバックを睨みながら、サイドバックにもプレスへ行ける中間ポジションを意識。

 この試合の仙台の前プレは、東京がセンターバックへボールを下げたときを合図に、シャドーがセンターバックへとプレスに行くことからスタートしている。

 そしてシャドーがプレスへ行くと、ウイングバックサイドバックへプレスを掛け、東京のボール保持を制限していく。

 また東京がロングボールを蹴ったときには、空中戦に強い3バックが弾き返す。3バックは基本的には相手3トップと同数を受け入れながら、マンツーマンで見るような形を取っていた。

 試合序盤は、前プレがハマらなかったり、全員の意識が統一されずに前から行けなかったが、時間の経過とともに連動して前プレを掛けられるようになり、徐々に東京のボール保持を窮屈にさせていった。

 

f:id:khigu:20200922153830p:plain

 また撤退時はお馴染みの5-4-1で守備をセットする。

 5バックになったことで、大分戦のような大外へのサイドチェンジも対応できるようになった。また、4バック時にはボランチサイドバックの裏をカバーすることで中央のスペースを開けることがあったが、それも解消され、真ん中のスペースを埋めることに集中できるようになった。

 仙台は13分に、東京の早いリスタートから三田に決められてしまうが、ゲームを通してみれば、おおよそしっかり守れていたと思う。

 なので、失点シーンのような、トランジションが発生するシーンを極力なくすか、トランジションが発生したときにはしっかり中央を埋めることを意識しなければならないだろう。

 

(2)思い通りにいかなかったボール保持攻撃

 続いてボール保持時について見ていく。

f:id:khigu:20200922160203p:plain

 仙台のボール保持は3-4-3。東京のボール非保持は4-3-3となっていた。

 仙台は、3バックがボールを持ったときに、相手3トップがプレスに来る。そうするとシステムの嚙み合わせ上、ウイングバックが相手ウイングの背後とサイドバックの間でボールを受けられるので、そこをビルドアップの出口として設定していたようだ。そこからシャドーがアンカー脇かウイングバックに食いついたサイドバックの背後へランニングする。そんなイメージで設計と準備をしていたと思う。

 

f:id:khigu:20200922160506p:plain

 しかし蓋を開けてみると、東京のサイドバックは、ウイングバックにボールが入ると迷わずにしっかりプレスを掛けてきた。

 よって仙台としては、本来時間とスペースを得られると想定していた場所で、得られることができずにプレスを受けてボール保持からの前進がなかなかできなかった。

 また仙台は、ウイングバックを経由せずに3バックやボランチからシャドーへロングフィードを送るが、そこは東京もセンターバックがカバーするようになっていて、なかなか糸口を見出せなかった。

 

f:id:khigu:20200922161045p:plain

 もし仙台がウイングバックをビルドアップの出口にし、ボールを前進させたいとしたら、上図のようにシャドーのポジションをサイドにして、相手サイドバックをピン止めし、ウイングバックに時間とスペースを与えるような立ち位置が必要だったと思う。

 この辺は、チームの狙いもあるので、次節やその後の試合でどうしていくかは注目して見ていきたい。

 

f:id:khigu:20200922161555p:plain

 そんな仙台だったが、東京を押し込めたシチュエーションでは、ボランチの縦パスから中央3人で崩して惜しいシーンを作っていた。

 東京の撤退守備は、ゾーンを守ることを意識し、ボールホルダーにあまりプレスが来ない。よって、ボランチが余裕を持ってボールを持てるシーンが何回かあった。ここは、後半に向けてのいいヒントだったように思える。

 

 ということで、前半は序盤に失点を許してしまったなかで、守備では手応えを掴み、攻撃では今一つ足りないという内容だった。0-1で折り返す。

 

後半

(1)FC東京の圧力に押し込まれる

 後半のスタートは、両チームともにあまり変化はなかったと思う。

 そんな中で東京は、仙台のボール保持に対してより強度と圧力を強くして、プレッシングを掛けてきた。仙台も前半同様にウイングバックを経由して、ボールを前進させていくが、東京のプレッシングにうまく行くことは少なかった。逆にボール保持からのミスで奪われると決定的なチャンスを作られてしまった。

 連戦の東京にとって、1点リードした展開で後半序盤に追加点を奪うプランだったと思う。よって、強度と圧力をより増して仙台へと襲い掛かっていったのではないだろうか。

 仙台は幸いなことになんとか失点はしなかったことで、逆にこの後のゲームをボールを持った展開のなかで進めることができた。

 

(2)平岡という出口と兵藤とゲデスの登場

 仙台がボールを保持して、押し込めるようになったことには主に3つのポイントがあった。

 まず1つは、平岡の立ち位置だ。

f:id:khigu:20200922164534p:plain

 東京のプレッシングがきつい中で、平岡が変化をもたらす。

 平岡は、クバがアピアタウィアやシマオからボールを受けたタイミングで、左サイドへ広がり、そこでクバからボールを受ける。サイドへ広がることで東京のプレッシングから遠い立ち位置を取ることができ、そこで時間とスペースを得られることができた。

そして崇兆と関口を高い位置へ押し上げ左サイドから攻撃を展開していく。

f:id:khigu:20200922164913p:plain

 また2つ目、3つ目のポイントとしては、兵藤とゲデスの登場と東京がシステムを変更したことだ。

 兵藤とゲデスが登場したことで、関口をウイングバックへ。兵藤のリンクマンとしての役割とハーフスペースでボールを受けられるゲデス、サイドで仕掛けられる関口の関係性によって、左サイドの攻撃は活性化。徐々に左サイドの深い位置まで潜り込むことができるようになった。

 また、東京は飲水タイムを挟み、原とアルトゥール・シルバを投入したタイミングで、システムを4-4-1-1へと変更する。この交代によって、前から奪いに来ていた東京は後ろで構えるようになる。この辺は連戦を考慮しての采配だったのだろう。後ろの林、渡辺、森重という東京の質的優位の1つを生かすやり方だ。

 仙台はこの3つのポイントによって、ボールを保持して押し込めるようにはできた。しかし前述している通りで、やはり東京の後ろは堅い。そこの牙城をなかなか崩せずに、時間だけが過ぎていってしまった。

 

(3)ラスト10分の足掻き

 ボールを保持し、東京陣内でプレーできる時間が増えていても、チャンスを作り出せない仙台。

f:id:khigu:20200922165545p:plain

 ラスト10分を過ぎるとボール保持時は4-4-2のような形になっていた。

 左サイドでは関口を高い位置へ押し出すことを目的に、また中央では長沢、ゲデス、途中投入の道渕が、プレーできる時間を長くしていった。

 しかし、両サイドの関口と真瀬はここまでフルで戦っており、ラスト5分くらいからは、なかなかパワーを持って仕掛けることができなかった。個人的にはサイドから攻めるなら、飯尾を投入しても面白かったんじゃないかとは思う。

 東京もレアンドロから永井へスイッチし、ゲームをクローズする作業へ移行する。

 

 アディショナルタイム5分も最後まで東京の堅い守備からゴールを奪うことができかなった。試合は0-1で敗戦。これで4連敗となった。

 

最後に・・・

 負けが続き、失点も重なる中で、システムを3バックへと変更した今節だった。守備では、5バックになったことで、ここ最近の問題だったことはある程度クリアできたと思う。もちろん前から行くところでの意識の統一やネガティブトランジション時の守備の準備などはまだまだ課題だが、しばらくはこのやり方で練度を高めたほうがいいかもしれない。

 ボール保持の面では、おそらくこの1週間のトレーニングで、守備に時間を割いていたと思うので、まだまだな面が多い。ただ、やりたいことはあったし、やれたこともあった。時間との勝負にはあるが、こちらも練度を高めていくしかない。また西村や柳などこのシステムとの相性がいい選手がまだ出ていないので、彼らが起用されたときにどうなるかは楽しみなところだ。

 

 システムも変更し、それでも勝てないとなると、なかなか評価が難しいのはあるが、チームとしての土台ができてない中で、こういう大きな変化が必要なことは確か。あとは戦っている選手が手応えを感じてポジティブに捉えて、チャレンジできるかどうかが大事だろう。

 

 次節はもう明日。次は横浜F・マリノスとの対戦。ボール保持を行うチームとの対戦は、守備での丹念さとしぶとさが大事になってくる。粘り強く戦い続けることを期待したい!!

暗中模索~明治安田生命J1第16節 ベガルタ仙台vs大分トリニータ~

 さて、今回は大分トリニータ戦を振り返ります。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20200913202717p:plain

 ベガルタ仙台は、ミッドウィークの鹿島アントラーズ戦に敗戦し、連敗を喫している。内容も結果もなかなか光明を見出せていない中で、なんとかこの大分戦で明るい兆し、そしてホームでの勝利を挙げたいところだ。

 今節は4人のメンバーを入れ替え。左サイドバックにはリーグ初先発のパラ。また左サイドハーフには崇兆。中央は長沢とゲデスが縦関係に並ぶ布陣で挑んだ。

 一方の大分トリニータは、前節の湘南ベルマーレ戦では、早々に2点リードを許す苦しい展開だったが、後半に2点を追いつき、価値あるドローとなった。そんな粘り強さを今節につなげられるかどうか。

 大分は3人メンバーを入れ替え。ボランチの一角に前田。左ウイングバックには香川。1トップに伊佐が起用されている。

 

前半

(1)自分たちの土俵へと持ち込めるか

 この試合の前半は、開始から大分のボール保持、仙台のボール非保持の局面の時間帯が多い展開だった。大分が自分たちの得意な展開で試合を進められたと言っていいだろう。

f:id:khigu:20200916203200p:plain

 前半開始から40分に関口が投入されるまでの約40分間。仙台の守備は、機能していなかった。

 この試合でも仙台は前から奪いに行く姿勢を持っていた。これは木山監督が試合後の会見で話している。

 しかし、実際は前から行くどころか、大分のボール保持に対して後方で人数を掛けて守備をする時間が長かった。

 この試合で仙台がどのように前から奪いに行くのか、はめ込んでいくのかという設計をし準備をしていたのかわからない。しかし、ピッチで起きる現象としては上図のような構図になっていることが多かった。

 最大の問題は長沢のエリアだろう。長沢1人に対して、大分はムン、鈴木、羽田の3人で後方から組み立てていく。1vs3では無理がある。このエリアでプレスが掛からないとはめ込むのも難しい。

 またサイドでは、崇兆とジャメが、岩田と三竿を監視するが、その背後のウイングバックがフリーになる。仙台のサイドバックはシャドーへの意識が強く、この辺りもどう対応すべきなのか準備があまりされていなかったように思う。

 結果的にフリーになるウイングバックサイドハーフを見ざるを得なくなり、仙台は5バックのような形で守ることが多かった。

 34分の大分の先制点では、ジャメが三竿に剝がされたところからスタートしている。前半の戦いぶりを象徴する失点と言えよう。

 

 大分のボール保持に対して、セットされた状態で前からプレッシングに行くのはシステムが嚙み合わせていないと難易度が高い。なので、後述するが仙台はシステム変更をし、息を吹き返したわけだ。

 そうでなければ、いかに自分たちが前からプレスしやすい状況を作り出すかが大事だ。

f:id:khigu:20200916210039p:plain

 前半に前から嵌められたシーンの大半は、ロングボールからのセカンドを拾ってや、大分ディフェンスラインの裏へボールを送り、相手が背中を向けた状態から守備をスタートさせたシーンだった。

 このことからも、このような場面を仙台が意図的に作り出せていれば、システムが噛み合わなくても高い位置からボールを奪うことができただろう。前半にあったプレーは恐らく偶発的なものだ。

 自分たちの土俵の上に相手を上がらせて勝負するか、この点が、前半の仙台に足りなかった部分だと思う。

 

(2)甲高い声を合図に

 39分にジャメに代えて関口を投入する。これで仙台は4-3-3へとシステムを変更する。

f:id:khigu:20200916224755p:plain

 4-3-3へシステムを変更したことで、システムの噛み合わせが良くなり、大分のボール保持に対して、前から積極的にプレスを掛けられるようになった。後方は同数になりやすくなるが、それを受け入れながらも前からハメ込むことで、徐々に大分のボール保持を苦しめられるようになった。

 

 関口の甲高い声を合図に、積極的に前プレを掛けられるようになった仙台は、ラスト5分で希望を残し、前半を終える。

 0-1で後半へ折り返す。

 

後半

(1)攻守ともにイニシアティブを握れた仙台

 前半は、仙台が大分のボール保持に対して守備が機能せずに、先制点を許す展開だった。しかし関口の交代と4-3-3へのシステム変更で希望を見出し、後半へ折り返す形となった。

 後半の仙台は、前半終盤の流れを継続させ、積極的なプレッシングからイニシアティブを握る展開へと移り変わっていった。

f:id:khigu:20200916230606p:plain

 前半終盤同様に、前からプレッシングを掛けていく仙台。大分に息をさせずにロングボールを選択させることに成功する。ここは鹿島戦と同じような展開へ持ち込むことができた。

 前線の伊佐は、前半にあったような裏への飛び出しが特徴的だが、高さはそれほどない。なので、シマオやジョンヤがここで競り勝つことでセカンドボールを回収し、仙台は二次三次攻撃と、厚みのある攻撃を繰り出すことができた。前半からおそらくこのような展開へと持ち込みたかったが、守備でうまくはめ込むことができなかった。

 

f:id:khigu:20200916230944p:plain

 また攻撃では、大分が自陣で守備をすることが多かったこともあるが、前節の鹿島戦よりもサイドからの攻撃が上手くいった。

 右サイドでは、ゲデスがいることで、ゲデスのポストプレーに柳が抜け出し、右サイドをえぐれるようになった。

 左サイドでは、パラがいることで左足から相手ディフェンスラインの裏へスルーパスを送れることができ、左サイドでも深い位置へ潜り込むことができるようになった。

 このサイド攻撃からチャンスを作り出すことができた仙台。決定機は2つ3つあったが、長沢も西村も決めきることができなかった・・・。

 

(2)知念のフィジカルバトル

 前半とは打って変わって、守備に追われるようになった大分は、前線を交代。知念と渡を投入する。

 この交代で3-1-4-2となった大分だった。初めは、センターバック2人に対して2トップを当てて前プレによって、ラインを高くすることが狙いかと思った。

 しかし、本当の狙いは別なところにあった。大分はこの押し込まれている状況を許容しながら、前線のパワーを使って、追加点を狙っていた。

 特に知念のところはポイントになった。手薄になった仙台のディフェンスラインに対して知念を置くことで、競り合いをイーブンなものとし、セカンドボールを仙台に渡さないことが狙いだった。

 

 そして結果的に、この交代が功を奏した。大分は80分と85分に追加点を奪うのだが、両方とも知念がシマオとの競り合いで勝ったところからの流れだった。

 コンディションが上がらないシマオに対して、途中から投入した知念で勝負する。片野坂監督の策略が見事にハマった得点だった。

 

 そして試合終了。決めきれなかった仙台とチャンスを生かした大分。スコアは0-3。完敗だった。

 

最後に・・・

 暗中模索が続く仙台は、この試合でも長いトンネルを抜け出すことはできなかった。

 前半は、鹿島戦同様に準備不足を露呈する形となった。それでも前半終盤でのシステム変更で息を吹き返し、負け筋を消せながら後半は戦うことができたと思う。

 おそらく、そこから勝ち筋へと持っていくためには、自分たちのターンで決めきれるかどうかだったのではないだろうか。後半だけでも決定機は多かったし、そこを決めきるか決めきれないかの差がこの試合でも出たと思う。

 ただ、長沢のシュートだったりを見ていると焦りがあるのも確かで、好調の長沢だったらしっかり枠へ飛ばしていた。そういうことも考えると、ゴールが奪えないことや結果が出ていないことへの焦りみたいなのがプレーに出ているような気もしている。

 

 連戦で、修正する部分も修正する時間がなければ、次の試合への準備時間も限られている。時間に追われている中でのリーグ戦は、なかなか難しい面もある。

 まずは、しっかりコンディションを整えながら、前回も書いたようにできることとできないことを整理しながら、今できる最大限の力を発揮するしかない。

 今後の対戦相手は、FC東京横浜Fマリノスセレッソ大阪と強豪との対戦が続く。まずは今できること、やれることを最大限発揮しながら、木山監督には少しずつチームを成長させていってほしい。

 まずは次節のFC東京戦。もう一度切り替えて、前向きなプレーを期待したい!!