ヒグのサッカー分析ブログ

ベガルタ仙台の試合分析が中心です。

同じ過ちを繰り返せないために~明治安田生命J1第8節 徳島ヴォルティスvsベガルタ仙台~

 さて、今回は徳島ヴォルティス戦を振り返ります。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

 

スタメン

f:id:khigu:20210410211923p:plain

 ベガルタ仙台は、前節・ヴィッセル神戸戦で敗戦し5連敗中。ここまでは立ち上がりでの失点、もしくはセットプレーの失点が相次ぎ、先手を取られ苦しい試合展開になっている。神戸戦から中3日のアウェイと修正できる時間が限られている中で、いかに我慢強く戦えるかがカギとなる。

 仙台は、3人のメンバーを変更。センターバックに平岡、ボランチに上原。そして右サイドハーフにはリーグ戦初先発の加藤が名を連ねた。

 一方、昇格組の徳島ヴォルティスは、横浜FC清水エスパルスに勝利し、連勝中と調子を上げてきている。ポヤトス新監督の合流が遅れる中で甲本ヘッドコーチのもと、着実に戦える集団へと成長している印象だ。

 今節は、前節と同様のスタメンの予定だったが試合前に石井にアクシデントが発生し、ジエゴがスタメンとなった。

 

前半

(1)徹底した撤退守備と狙われた左サイド

  徳島のキックオフで始まった試合。徳島がキックオフと同時にビルドアップに移行したところからこの日の仙台の意思が見て取れた。

f:id:khigu:20210410212509p:plain

 仙台は徹底して4-4-2でのブロックからの中央閉鎖。2トップが徳島のボランチを基準点として、ビルドアップ隊へはプレッシングへ行かない。

 徳島の特徴は、相手がプレスに来たところを剥がすことで、前線にスペースを作り、ゴールを目指していく。特にボランチや渡井を経由したときは厄介だ。

 仙台としては、前線からのプレッシングに自信がないので、まずは撤退し、徳島のスペースを与えない守備を優先的に行った形だ。

 

f:id:khigu:20210410213048p:plain

 そんな仙台に対して徳島は右サイドから糸口を見出そうとしていた。前半では、岸本へボールを届け、そこから仕掛けるシーンが目立っていた。

 崇兆は本職ではないため、守備の対応にやや難点がある。神戸戦でも奪いに行ったところで抜かれたり、櫻内の力強いドリブルに突破を許すシーンが見られた。

 おそらく徳島もそこをスカウティングしてのことだと思う。岸本を高い位置に上げて、かつ宮代をハーフスペースにランニングさせることで崇兆のエリアを狙う。

 先制点でコーナーを奪ったシーンもサイドチェンジから岸本が仕掛けたところで奪ったものだった。

 

 それでも仙台は我慢して耐えていたと思う。左サイドを破られて危ないシーンを作られたことはあったものの、中央を割らせないというノルマは達成できていた。

 

(2)同じ過ちを繰り返す

 だからこそ、セットプレーでの失点は非常に痛かった。失点シーンは3連続でコーナーキックになり、かつすべて岸本に合わせられたもの。もちろんキッカーの岩尾の高いキック精度もあったが、今回もセットプレーでの失点という同じ過ちを繰り返してしまった。

 

 それまでの時間は、全員が集中して守備ブロックを組んで守れていただけに、セットプレーでの失点はいただけなかった。

 

(3)ペナ角攻略と西村の決定機

 時間の経過とともに、徐々に仙台もボールを持てるようになり出す。

 徳島も、ボール非保持のときには、そこまでプレッシングを掛けて制限を掛けてこない。なので、前節・神戸戦と比べれば後方からボールを運んでいけるシチュエーションが増えた。

f:id:khigu:20210410214931p:plain

 仙台は、サイドからボールを運んでいくことが多かった。特にルーキーコンビとなった右サイドでは、フレッシュさと勢いを持って、果敢にチャレンジしていく姿勢が見られた。

 飲水タイム以降からは、高い位置を取った真瀬へロングフィードを送り、そこからチャンスを創出していこうとした。

 仙台としては、ペナルティエリアの角からの侵入を試みていた。ここは仙台が攻撃のときにポイントとしているところ。

 サイドハーフボランチ、そして2トップなど多くの人数が関わり、ペナルティエリアの角からゴール前へ侵入をしていく。

 42分の西村の決定機も、複数人が関わって攻略できたところからの決定機だった。惜しくも上福元に弾かれてしまったが、1つ形が見えたシーンだった。

 

 ということで、前半は0-1で折り返す。

 

後半

(1)蜂須賀の投入で蓋をする手倉森監督

f:id:khigu:20210410220050p:plain

 後半開始と同時に氣田→蜂須賀。崇兆を1列前へ上げて、蜂須賀が左サイドバックになった。

f:id:khigu:20210410220431p:plain

 左サイドバックを蜂須賀にしたことで、まずは前半狙われていた左サイドのエリアに蓋をすることからスタートした手倉森監督。

 後半に入っても、徳島のボール保持に対して前プレを掛けずに、我慢して撤退守備をすることから始め、とにかく負け筋を削っていく作業を進めていった。

 

 徳島は、後半になると鈴木徳真が右斜めに落ちてビルドアップ隊に加わる。もしかすると右サイドの攻撃をより強化したい狙いだったのかもしれないが、蜂須賀によって蓋をした仙台に阻まれた格好となった。

 

(2)ジワジワと流れを引き寄せる仙台・推進力を増す右サイド

  後半開始からもしっかり守備をするからスタートし、まずは穴をふさいだ仙台。

 また後半になると、ボランチの松下、上原のエリアでボールを奪えるようになり、そこから横へ展開することで、ボールを前進させる回数を増やせるようになった。

 そうしているうちにジワジワと流れを引き寄せることに成功する。一度攻撃が切れても、再びプレッシャーを掛けて、クリアさせることでそのセカンドボールを回収。その流れを作れたことで、徐々に徳島人内でのプレー時間を増やすことができた。

 そして、もう一段階ギアを上げたのが右サイドだった。前半から果敢な仕掛けとボールへの執着を見せた真瀬と加藤だが、流れが来るとさらに勢いを増していく。

 特に76分に蜂須賀のクロスに飛び込んだ加藤のヘディングシュートは惜しかった。

 

 流れを引き寄せられた仙台だったが、なかなかシュートを枠に飛ばせない。クロスボールを送るも、クロス精度が悪かったり、ペナルティエリアへの入り方で相手の前に入れなかったりと、合わないシーンが多かった。

 徐々に守り切る態勢へ入る徳島に対して、途中投入の皆川と平岡を上げてのパワープレーを今節も敢行するもなかなかボールが目指すところへ合わず試合終了。

 虎の子の1点を守り切った徳島が勝利。仙台はこれで6連敗となった。

 

最後に・・・

 徳島相手にまずは守備から入る姿勢だったり、リードを追いかける展開でも負け筋を消しながら、ジワジワと流れを引き寄せるあたりは非常に手倉森監督らしい采配だったと思う。監督コメントにもあったようにあのセットプレーでの失点だけという内容だった。

 ただ、そんなセットプレーでの失点が続いている。また前半での失点が続いている以上、なかなか考えていたゲームプラン通りには進められないだろう。

 同じ過ちをこれ以上繰り返さないために、やはりもっともっと意識を高めていく必要があるだろう。

 

 そして、なかなかゴールも奪えない状況でもある。この試合では、いいところまでボールが運べてもクロスの精度やペナルティエリアにいる人数、走り込み方やタイミングが遅かったりと、なかなか合わせられなかった。ゴール前での判断力、精度も高めていかなければならない。

 

 とにかくやることが多い。それでも試合は続く。限られた時間のなかで少しずつやるしかないのだ。次節はホームで横浜Fマリノスとの対戦。次節も高い守備強度が求められる試合となるだろう。タフにハードワークし、泥臭く束で立ち向かっていくところを期待したい!!

腹を括れるかどうか~明治安田生命J1第7節 ベガルタ仙台vsヴィッセル神戸~

 さて、今回はヴィッセル神戸戦を振り返ります。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20210404142016p:plain

 ベガルタ仙台は、前節・FC東京戦に敗れ4連敗中。先週末のルヴァンカップでも清水エスパルスに負け、公式戦は5連敗となっている。清水戦では4-4-2へシステムを戻し、いくらかの手応えを得ている中での今節・ヴィッセル神戸となった。

 スタメンは、そんな清水戦で手応えを得たセンターラインのメンバーに加えて真瀬とマルティノスの右サイドコンビという布陣で挑むこととなった。

 一方のヴィッセル神戸は、前節・北海道コンサドーレ札幌戦では3点差をひっくり返しての勝利。多くの若手メンバーを起用し、一気にフレッシュさが増した印象だ。今シーズン初の連勝を目指す一戦となった。

 神戸は代表帰りの前川と古橋がスタメン。またセンターバックに山川、右サイドバックに櫻内。前線では中坂や郷家が前節と代わってスタメンとなった。

 

前半

(1)逡巡する仙台のボール保持

f:id:khigu:20210404181028p:plain

 試合開始から神戸が激しいプレッシングで仙台に時間を与えない戦い方を取る。

 神戸は試合を通じて、プレスの強度が落ちず、フィンケ体制ではトランジションのスピードに問題があったが、今はむしろ若手の起用によりトランジションのスピードが武器のチームとなっている。

 そんな神戸のプレッシングに対して、仙台のボール保持は、逡巡するような流れとなった。

f:id:khigu:20210404181055p:plain

 仙台は、激しいプレッシングを掛ける神戸に対して富田が列を降りる動きをし、アピアタウィアとシマオ・マテを助けようとする。

 これでアピアタウィアとシマオ・マテは、確かにボールを持てるようになったのだが、中間ポジションでボールを受けようとする氣田とマルティノスまでボールが届かない。

 これは神戸がしっかりプレスを掛けていたこともあるが、根本的に前にボールを運べないため、両サイドハーフまで距離があり、そこへパスすることができないのだ。

 特にシマオ・マテはボールを運べる選手ではないので、受けてもパスコースがなく、その間に神戸のプレッシングを受け、結果クバへボールを下げてロングキックで逃げるみたいなシーンが多かった。

f:id:khigu:20210404181749p:plain

 なので、飲水タイムを挟むと両サイドハーフボランチエリアまで降りてボールを受けるように修正された。

 確かにボール保持はこれで安定したし、前へ進めるシーンも増えたのだが、これだとビルドアップのスタート位置が低く、また氣田とマルティノスに本来求めている「仕掛ける」というタスクができなくなる。

 なので、どうボールを前進させて、どうやって前線へ届けて仕掛けさせていくかというところは再度考え直していく必要があるだろう。ここは仙台が4バックで戦ったときの大きな課題の1つだ。

 

(2)マルティノスを狙い撃ちする神戸・前から掛けられない仙台

 一方で神戸のボール保持、仙台のボール非保持を見ていく。

f:id:khigu:20210404182555p:plain

 神戸のボール保持は基本的にはオリジナルポジションを維持する形。ただ、この試合では、左サイドから前進させていく狙いがあったように思える。

 開始から山口が左斜めに落ちて、酒井を高い位置へ上げる。左サイドで数的優位を形成することで突破を図った。 

 恐らくだが、仙台の守備の弱点であるマルティノスを狙った形を取ったのではと考えている。守備意識の低いマルティノスのところに数的優位を作って突破していく。

 なので、前半の神戸は左サイドを中心に攻めて、詰まったら右サイドへ展開。そこから佐々木と櫻内で突破を図るような展開になっていた。

 

 一方の仙台は4-4-2のブロックを維持しながら神戸の攻撃を待ち受ける形。この試合ではサンペールのところに2トップを置き、サンペールを経由させない狙いがあった。

 またプレスに行けるときは西村がスイッチを入れて、プレッシングを開始する。

 しかし、ほとんどの時間帯は構えて守る時間が長かった。2トップを赤﨑と西村にしてから、かなり2トップの守備が整理されたが、前から制限を掛けて奪いに行く回数が少ない状況だ。

 今はまだ構えて守備をすることが精いっぱい。そこからラインを高く設定して、どうやって意図的にボールを奪いに行くかは、これからの課題だろう。

 

(3)与えたくなかった局面とコーナーキックからの失点

 試合はというと、神戸が16分と21分に立て続けにゴールを決める。

 1失点目は、仙台がカウンターへで出て行こうというシーンで、西村がプレスバックした櫻内に潰され、サンペールのフィードに古橋が抜け出して決めた。

 仙台としては、ああいうオープンな局面にしたくなかった。このシーンではカウンターをひっくり返されたシーン。カウンターへの出て行き方、そして後方でのリスクマネジメントなど、あらゆる課題を露呈したシーンだった。

 

 2失点目はコーナーキックから。このシーンでは一番やってはいけない中央のエリアをがら空きにしている。

 今年はマンツーマンで守る仙台だが、マンツーマンゆえに人に引っ張られて、あのスペースを与えてしまう(神戸もそこをスカウティングしたのだと思う)。

 せめて中央にはストーンを置いて、ゾーン+マンツーマンにするとか、方法はいくらでもあるだろう。セットプレーの守備も修正が急務だ。

 

 ということで、前半は0-2で折り返す。

 

後半

(1)手数を掛けない攻撃とプレスの強度が落ちない神戸

 後半の神戸は、2点リードということもあり、手数を掛けずに攻撃することと、前半同様にプレスの強度を落とさないことをテーマとして取り組んでいた。

f:id:khigu:20210404201807p:plain

 攻撃ではサイドバックからサイドハーフにシンプルにボールを渡して、仙台のサイドバックの裏を突くシーンが目立った。下手にサイドバックが上がったり、ボランチが可変せずに、中坂や途中投入された井上のドリブルと技術を生かすやり方へと変化していった。

 

f:id:khigu:20210404202043p:plain

 プレッシングは、前半同様に仙台のボール保持に対して襲い掛かっていく。特に目立ったのは古橋のプレッシングだった。古橋は、ボールホルダーに対して、必ず逆サイドへ展開させないようにコースを限定させ、味方が次に奪えるようなプレッシングを行っていた。

 前半でもあったが、後半になると一段ギアを上げていたと思う。後半に仙台は蜂須賀が右サイドバックになるが、そこから上手くボールを運べなかったのは神戸の前線のプレッシングが機能していた証拠だろう。

 ということで、後半も仙台にペースを明け渡さずに神戸がしっかりと主導権を握る展開が続いていった。

 

(2)西村拓真の奮闘 

  後半になって巻き返しを図りたかった仙台だったが、神戸のプレッシングの前になかなか自分たちのターンへと持ち込むことができなかった。

 そんな中でも、奮闘したのが西村拓真だった。

f:id:khigu:20210404202831p:plain

 後半から左フォワードへ変わった西村だが、前半は足元でボールを受ける回数が多かったが、後半になると背後へのランニングを増やすことで、奥行きを作る動きをするようになる。そこへ氣田や崇兆がスルーパスを狙っていくシーンが増えていった。

 前半には決定機を迎えるも決めきれなかった西村。しかし、後半も果敢にゴールへ向かっていく。菊池という大きい壁が立ちはだかるが、それでもチャレンジし食らい付いていく姿勢は西村らしかった。

 80分には、そんな西村の抜け出しからチャンスが生まれる。西村のマイナスのクロスを途中投入の加藤がゴール左隅に決めて1点を返したかに思えたが、西村の抜け出しがオフサイドだった。しかし、1つ狙いのなかで作れた形だった。

 

 その後は、平岡をパワープレーで投入して、ゴールを目指すものの、最後まで菊池の壁が分厚く。仙台はゴールどころかチャンスを作り出すこともできなかった。

 試合は0-2で終了。これでリーグ戦5連敗を喫した。

 

最後に・・・

 ルヴァンカップ・清水戦を経てのこの試合。4バックだとまだまだ解決すべき課題が山積みだということを改めて思い知らされた一戦だった。

 守備では、どうやって意図的にボールを奪っていくのか(プレッシングの設計図)。攻撃では、どうやってボール保持を安定させ、前線へと届けていくか(ビルドアップの安定化)。セットプレーでの守り方。攻撃時のリスクマネジメント。などなど。

 これをすぐに直すことはまずできない。トレーニングのなかで、試合のなかで課題を解決していき、強くなっていくしかできない。今年も時間との戦いとなりそうだ。

 残りリーグ戦は30試合ある中で、間に合うかどうか。腹を括ってやっていくしかないと思う。

 そして、ここから連戦が続いていく。次節は昇格組の徳島ヴォルティス。ボール保持をメインとするチームとの対戦だ。アウェイでまずは粘り強い守備から勝ち筋を見出していきたい。慌てず焦れずに戦うのが手倉森監督の真骨頂だと思っている。次節はそんなところを期待したい!