ヒグのサッカー分析ブログ

ベガルタ仙台の試合分析が中心です。

あとがき2020

 さて、今年も最後の記事となりました。

 新型コロナウイルスの流行により、世界がガラッと変わった年でしたね。Jリーグも一時はどうなるかと思いましたが、すべての試合を開催することができました。本当にJリーグに関わったすべての方々に感謝申し上げます。

 ということで、今年もぬるっと振り返りたいと思います。よろしくお願いします。

 

木山ベガルタを振り返って

 6年間率いた渡邉晋監督に代わり、今シーズンからモンテディオ山形を率いていた木山隆之新監督を迎え、気持ちを新たに迎えた2020年シーズンでした。キーワードは「アグレッシブ」。攻守ともに自らアクションをしていくサッカーを標榜し、木山ベガルタはスタートしました。

 オフでは、昨年の主力だったメンバーがほとんど残留をし、そこへ吉野恭平やゲデス、赤﨑秀平、そしてクエンカといったメンバーを加えてシーズンをスタートしました。

 

 しかし、キャンプからケガ人が続出し、満足できる準備ができないままシーズンを迎えることとなりました。

 リーグ開幕前に行われたルヴァンカップ浦和レッズ戦では2-5の大敗。続くリーグ開幕戦・名古屋グランパス戦では1-1で引き分けだったものの、苦しい展開を強いられた内容となりました。

 

 そこからコロナウイルスの拡大によりリーグ戦は4か月もの中断に入ります。

 中断中にはロシアやポルトガルでプレーした西村拓真が2年ぶりの復帰を果たします。また4か月の中断期間でケガ人が帰ってきたことで、再びチームを作り直す時間を得られたことは唯一ポジティブなことでした。

 再開明けの湘南ベルマーレ戦からはシステムを4-3-3にし、アグレッシブに前から行くサッカーを展開。湘南を1-0で退け、再開初戦を勝利することが出来ました。

 その後も内容は悪くない試合が続きましたが、なかなか勝点3を得られませんでした。北海道コンサドーレ札幌戦、川崎フロンターレ戦は2点のリードを奪いながらも勝利することができずに、もどかしい試合が続きました。

 

 その後、柏レイソル戦で1-5で大敗を喫すると、木山監督は次の横浜Fマリノス戦からは中盤をダブルボランチにし、4-2-1-3のシステムで戦うようになります。これは、ここまでの試合でカウンターからの失点が増えていたことで、木山監督が決断したことでした。

 そのマリノス戦では勝利できなかったものの、次のヴィッセル神戸戦では2-1で勝利を収め、結果を出すことが出来ました。

 しかし、この先から暗いトンネルに入ることとなります。過密日程になったことで、連戦が続いたことでケガ人が続出。また中盤をダブルボランチにしたことで前線からのプレッシャーがハマらなくなり、前線では個々人が頑張っていくことで、連動性のないプレッシングになってしまい、結果的に自陣で引きこもる試合展開が多くなりました。

 次第にプレッシングに行けなくなると、試合開始から自陣で引くことが多くなりました。またボール保持の局面でも、キーパーから繋ぐ姿勢は見せるのものの、設計図がなく、個々人任せになるので、前進できないことが多くなりました。

 9月のアウェイ連戦は3バックをやってみたり、4-4-2のシステムにしてみたりと、木山監督なりに模索をしたもののなかなか勝利することできずに、結果的に17試合勝ちなしという形になりました。気が付けば順位も最下位となり、まさしく苦しいシーズンとなりました。

 

 それでも27節・ガンバ大阪戦で久々に4-3-3のシステムを採用すると、選手が躍動。長沢のハットトリックもあり、4-0で快勝。ついに待望の勝利を挙げることが出来ました。

 しかし、その後も苦しい試合は続きました。特にホームでは勝てない。アウェイでは、現実的な戦い方を選び、3バックを採用するなどして終盤にはアウェイ4連勝を飾ることが出来ましたが、ホームでは理想を追い求めていたことで、結果に結びつくことが出来ませんでした。気が付けば今シーズンはホームでの勝利はなし。悔しい結果に終わりました。

 今シーズンは、6勝10分18敗、勝点28の17位でシーズンを終えました。もちろんJ1昇格後最悪の成績。コロナの影響で降格のないシーズンでしたが、これが通常のレギュレーションだったらと考えると、ゾッとする成績でした。

 

 最終的に木山監督は今シーズン限りでの退任となりました。就任1年目にして、コロナ禍のなかの未曽有のシーズン。加えてクラブ経営は思わしくないし、所属選手は不祥事は起こすしで、非常に苦労されたシーズンだったと思います。

 しかし、年間通しての結果を鑑みれば退任もやむなしかなと思います。

 この1年、木山監督のサッカーを振り返ったときに、属人的なタイプの監督だなという印象でした。選手の特徴を見つつシステムを変化させることで、最適解を見つけたり、相手にとって嫌なサッカーを展開するタイプかなと今シーズンの戦いを見て感じたところです。なので、「戦術家」だった渡邉監督に比べれば、どちらかというと「戦略家」かなと思います。

 またもともとボールを保持することに特段のこだわりがないなかで、おそらくクラブのリクエストであろうボールを保持することにも、苦手になりにトライしたと思います。なので、そこをチャレンジしたことで崩したバランスが結構あったなという印象でした。

 11月以降で成績を取り戻せましたが、それは苦手なボール保持を諦めたことで、チームとして、または木山監督してやりやすい形にできたことで、勝点を上積みできるようになったと思います。

 象徴的だったのはラストの2試合。清水戦では3バックにし現実的に勝点3を目指すサッカーで勝利することが出来ましたが、最終節の湘南戦では再び4-3-3に戻し、理想を目指す中で勝点3を目指しましたが、結果的にドローに終わりました。

 現実と理想の狭間があそこにはあったのかなと。そんなことを思ったラスト2試合でした。

 

 ただ、成績はどうであれ、ベガルタのために尽力いただいたことは変わりません。まさに未曽有のシーズンとなった中で、戦ってくれて本当に感謝しかありません。また、どこかのチームで木山監督らしいサッカーを目指していってほしいです。1年間、ありがとうございました!

 

天に導かれし男の帰還

 木山監督と別れを告げた仙台。もともと悪かったクラブの経営状況はこのコロナの影響でさらに悪化。さらに選手の不祥事があり、チームの信頼度は低いものとなりました。

 来シーズンは、まさにマイナスからのスタート。そんな中で、来シーズンからは手倉森誠監督が再就任します。このタイミングで手倉森監督が長崎を退任し、仙台に帰ってくるなんて悪運が強いなと思います(笑)

 ただ、このクラブの状況を考えたときに、目指すサッカーは別としても、手倉森監督は適任だったと思います。

 手倉森監督に任せられたミッションは多岐に渡ると思いますが、まずは4クラブ降格となるシーズンでの残留が最大のミッションとなります。そこに向けて、どういうスタイルのサッカーをしていくか。手倉森監督が仙台を離れてからの経験も踏まえてとても楽しみな部分としています。

 来シーズン、マイナスのスタートとなる中で、反骨心を持って、這い上がっていくところを期待したい、応援していきたいと思います!

 

 

自分のことについて

 今シーズンもこの拙文にお付き合いいただきありがとうございました。

 コロナの影響で過密日程となった今シーズンは、30試合を執筆しました。本業の方も忙しくなる中で、個人的にはよく頑張ったなという数字です。

 

 今年は、年初めに「フットボール批評」にて、戦術藩の一味としてインタビューさせていただきました。書店に並んでいる雑誌に自分の名前が載ることはとても不思議な気分でした(笑)長く続ければ、こんな良いことも訪れるんですね。継続は力なりです。

 

 しかし、そのあとはご存知の通り、コロナの影響で試合がない日々が続きました。幸いなことに本業にはほとんど打撃がなく、変わらない生活を送ることが出来ています。しかし、やはり自分を占める主成分はサッカーであることを痛感させられる日々でした。

 だからこそ、再開後の試合はテレビの前で見守る形でしたが、嬉しかったですし、ようやく日常が帰ってきたなという気持ちでした。

 ただ、スタジアムに通えど、声援を送れないことにもどかしさを感じるシーズンでした。手拍子でしか選手に伝えられないもどかしさ。自分たちの熱量で選手を後押しできないもどかしさは、今でもないと言ったら嘘です。

 日常が戻ったら、でかい声で選手をサポートしたい。それが一番の目標です。

 

 来シーズンも、しばらくこの状況は続きそうです。我慢することが続きますが、日常を取り戻すためにやれることは協力していきたいと思います。

 来年で8年目になります。久々の手倉森仙台。今は楽しみな方が強いです。ここから這い上がっていく姿を、来年のベガルタ仙台には期待したいです。

 今シーズンもありがとうございました。では、よいお年を!

理想と現実の狭間で~明治安田生命J1最終節 ベガルタ仙台vs湘南ベルマーレ~

 さて、今回は湘南ベルマーレ戦を振り返ります。今シーズンのラストゲーム

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

↓前回対戦のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20201219171328p:plain

 ベガルタ仙台は、前節・清水エスパルス戦で3-2の勝利。これで最下位を脱出し、残るミッションはホームでの勝利となった。清水戦終了後に関の退団と木山監督の退任が発表された。木山ベガルタラストゲームとなる今節、ホームで勝利をし、有終の美を飾りたい一戦だ。

 今節はシステムを4-3-3に戻した。右サイドバックに飯尾、インサイドハーフに匠、左ウイングに関口を起用した。また、関がベンチ入りをしている。

 一方の湘南ベルマーレ。前節は大分トリニータと対戦して1-2の敗戦。順位を17位に下げた。来シーズンの浮嶋監督の続投が濃厚との報道もあり、来シーズンに向けて、またヨーロッパへと旅立つ齊藤未月、鈴木冬一のためにも勝って終わりたい一戦だ。

 今節は、前節から5人のメンバーを入れ替えている。3バックの一角に大岩、2トップの一角に石原直樹が古巣対戦となる今節はスタメンでの出場となった。

 

前半

(1)進まぬボール

 連勝でこの試合を迎えた仙台。ここ2試合は3-4-2-1を採用し、相手のサッカーに対応しながら、ワンチャンスを生かして得点を奪う内容で連勝をしていた。

 しかし、ホームである今節は、4-3-3にシステムを戻して挑んでいる。このことからもボールを保持することや、積極的に前から奪いに行く姿勢をホームでは見せ、そして勝利したいという思いと理想が木山監督にあったのだと思う。

 

 しかしこの試合でも、ここまでの試合同様に厳しい現実が突き付けられることとなった。

f:id:khigu:20201223204108p:plain

 「4-3-3」と「3-1-4-2」というシステムの噛み合わせ上、仙台はサイドバックで時間とスペースを得られるはず。湘南としては逆に、サイドバックのエリアをどう対応するかが、ポイントになった。

 仙台としては、中央からよりもこのサイドバックからボールを前進させていきたいという狙いはあったと思う。

f:id:khigu:20201223204339p:plain

  しかし、湘南はこのサイドバックのエリアにおいて、ボールが入るとインサイドハーフである松田と山田がプレッシングを開始する。

 そしてその後方では、仙台のインサイドハーフに対して、大岩と大野が迎撃で対応するような仕組みとなっていた。

 

 このことで仙台は、サイドから前進したいものの、連動した湘南のプレッシングを搔い潜ることができずに、非常に苦労するシーンが多かった。

 時間の経過とともに、照山が縦パスをチャレンジし出すと、徐々に前進できるようになっていったが、それまでは横へのパスが多く、ボールが前へ進まなかった。

 

 実は、前回対戦でも湘南は同様の前プレの仕組みを行っていたが、前回と変わって左右バック(大岩と大野)が勇気を持って仙台のインサイドハーフにプレッシングを掛けることで、仙台の前進を許すことはなかった。

 

(2)石原広教のフィード、インサイドハーフ突撃

 前半は、湘南のペースと言っていい内容だった。

f:id:khigu:20201223205338p:plain

 ボール保持の局面においても3バックの真ん中にコンバートされた石原広教の正確なフィードからチャンスが作り出されていた。

 石原広教は、元々サイドを主戦場に置く選手であり、身長もさほど高くないが、持ち前のキック精度とスピードを生かしたカバーリングで3バックの真ん中のポジションを難なくこなしていた。浮嶋監督のこのコンバートは非常にハマっていた。

 石原広教のフィードからサイドへ展開すると、ウイングバックがボールを持ったときに、インサイドハーフが仙台のセンターバックサイドバック間をランニングし、背後を取る動きをする。そこへスルーパスを送ったり、ランニングしたことによって、空いたバイタルエリアを活用するなどの攻撃が見られた。

 それに対して仙台も、次第に自陣に引いて対応せざるを得なくなる。

 よって、前半は攻守において狙い通りのプレーができた湘南がペースを握る展開。仙台としては、ボール保持においても、ボール非保持においても、なかなか自分たちの思うようにプレーすることができなかった。

 スコアレスで前半を折り返す。

 

後半

(1)上手くいかなかった3-4-2-1

f:id:khigu:20201223210910p:plain

 仙台は、飯尾と匠に代えてジョンヤと崇兆を投入する。前節までよかった3-4-2-1に変更して、状況打破を目指した。

 しかしシステム変更をしても、状況が改善されなかった。

f:id:khigu:20201223212743p:plain

 システム変更をして、もう一度サイドから押し込んでいこうとした。

 左サイドでは、関口がボールを受けて、全体を押し上げることで、サイドで人数を掛けながら突破を図ることができた。

 しかし、右サイドでは蜂須賀がボールを受けると山田が裏へ抜け出す動きをする。しかし、山田も蜂須賀も掴まってしまっているので、パスコースがなく、ボールを失うシーンが多かった。

 この試合では、蜂須賀が対峙する畑にボールを奪われるシーンが多かったが、それは蜂須賀だけの問題だけはなく、全体のサポートの少なさも原因だった。

 ということで、清水戦のようになかなかサイドから攻撃の形を作れない仙台は、非常に苦労した後半だった。

 

 また、仙台がボール保持において苦労したのは、後半に入っても湘南のプレッシングが効果的だったこともある。

f:id:khigu:20201223214550p:plain

 仙台が3バックにしても、湘南のインサイドハーフは、3バックに対して積極的にプレッシングを掛けていく。そしてインサイドハーフと連動して、後方も人を捕まえることで、仙台のボール保持から時間とスペースを奪っていった。

 前述の通り、仙台のボール保持を引っ掛け、また高い位置でボールを奪えた湘南は、前半よりもカウンターから仙台ゴールを襲うシーンを増やしていった。

 しかし、仙台はクバのセーブなどでなんとか失点を免れることができた。

 

(2)決め手を欠いた両者

  その後、仙台はクエンカや浜崎。湘南は金子や田中を投入し、プレー強度を保ちながら、両者ともにゴールを目指す展開が続いていった。

 しかし、今シーズンの順位を象徴するように、両者ともに決め手を欠く展開が続いた。

 

 ラスト5分になるとゲデスを投入する仙台。湘南も古林と齊藤未月を投入する。アディショナルタイムに入ると、打ち合いの様相となり、両者ともにゴール前で決定的なシーンを迎えるが、長沢も石原直樹も決めきることができなかった。

 

 そして、タイムアップの笛。最後までスコアを動かすことができなかった両者。スコアレスドローとなり、仙台はついにホームでの勝利がなくシーズンを終えることとなった。

 

最後に・・・

 木山ベガルタの最終戦となった試合は、理想と現実の狭間でもがき続けた今シーズンを象徴するかのような試合となった。

 結果としてドロー。最終的に今シーズンはホームで勝利をすることなく、シーズンを終えることとなった。

 

 この試合に限って言えば、3-4-2-1に変更した後半で、大分戦や清水戦のようなサッカーが展開できなかったことが非常に痛かった。システム変更で主導権を握ることが出来れば良かったが、湘南にうまく対応されてしまったことや、サイドでの1対1を制すること、相手の背後を突くプレーが少なかったことで、ゴールへと襲い掛かることが出来なかった。

 

 今シーズン全体の振り返りは、また別記事でアップできればと思います。

 まずはこの1年間、目の前の対戦相手だけではなく、見えない敵とも戦った1年でした。そんな中で、なんとか全試合を走り切れたことを嬉しく思いたいし、運営に関わったすべての方々に感謝申し上げます。

 ひとまず、1年間お疲れさまでした!まずは、ゆっくり休みましょう!!