ヒグのサッカー分析ブログ

ベガルタ仙台の試合分析が中心です。

真夏の夜の夢~明治安田生命J1第22節 FC東京vsベガルタ仙台~

 さて、今回はFC東京戦を取り上げます。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20190812122920p:plain

 前節のジュビロ磐田戦、早い時間で2点を奪いそのまま逃げ切ったベガルタ仙台は、今節も前節同様のスタメンをチョイスした。これで3試合連続で同じメンバーとなる。ベンチにはこの夏に加入した中原が入った。

 一方、前節・セレッソ大阪戦で快勝したFC東京は、右サイドハーフが大森からこの夏に帰ってきた三田が起用されている。古巣対戦。

 昨年から続く相性の良さか、首位の貫録を見せるか。そんなテーマの試合となった。

 

前半

(1)リスク管理しながらボール保持をした仙台

 試合は、仙台がエンドチェンジを行ってキックオフとなった。

 前半の展開としては、お互いにボール保持と非保持の局面が入れ替わりながら進んでいった。ということで、そのお互いのボール保持・非保持の局面について前半は見ていくこととしたい。

 まずは仙台のボール保持、東京のボール非保持の局面から。

f:id:khigu:20190812181722p:plain

 東京のボール非保持の振る舞いを見ていくと、いつもは2トップのプレッシングを合図に前プレを実行していくのだが、今節の東京は夏の戦いを意識し、引いて構える姿勢でゲームを進めていった。

 2トップは、無理に仙台のビルドアップ隊を追わずに中央に位置する。全体も中央圧縮し、サイドの選手にボールが渡った際は、サイドハーフサイドバックがスライドして対応する形だった。東京としては、しっかりブロックを形成し、奪ったところからのカウンターを狙いとしていた。

 

f:id:khigu:20190812182201p:plain

 それに対して仙台は、7分に富田がセンターバック間に落ちて(サリー)、センターバックを助ける動きをしたものの、その後は上図のような形でボールを動かすシーンがほとんどだった。

 仙台としても東京のカウンターを気を付けたいので、極力センターバックは中央から動かすことをせず、ボランチが相手2トップ脇でボールを受けてからの前進をメインとしていた。

 崩しの狙いは2つで、1つは同サイドでのコンビネーション。もう1つはサイドチェンジからアイソレーションによる崩しだった。

 ボール保持からの前進のそのほとんどが、松下からだったので、主に左サイドからの前進が中心だった。よって、アイソレーションも左サイドから蜂須賀へというシーンがほとんどだった。

 仙台の攻撃は、中央を固める東京の守備に対して、サイドからのクロスがメインだった。惜しいシーンまでは作れたものの林を脅かすシーンを作ることはできなかった。

 渡邉監督が試合後の会見で話していたが、前半は相手のカウンターを警戒したこともあって、人数を掛けた攻撃がなかなかできなかった。リスク管理をしながら、ボールを保持し、攻めに出ていた前半の内容だった。 

 

(2)永井のランニングとフリーマン2人 

 続いて東京のボール保持と仙台のボール非保持の局面を見ていきたい。

f:id:khigu:20190812201412p:plain

 東京のボール保持の狙いは主に2つだった。1つは、永井を仙台のサイドバックセンターバックの背後へランニングさせるロングフィードによる前進。

 もう1つは、橋本がセンターバック間へ落ちて、ボール保持を安定させ、そこからサイドを経由して前進していくパターン。このときに髙萩と東がフリーマン的役割で、ピッチのさまざまなところで顔を出すことが特徴的だった。この辺りは前回対戦のときと大きな変化はなかった。

 また右サイドでは、三田がペナルティエリアの角やニアゾーンへ侵入してくる攻撃も見られた。

 

f:id:khigu:20190812201738p:plain

 そんな東京に対して、仙台も前回対戦と似たような守備の仕方をしていた。特に特徴的なのがサイドハーフで、左の関口は対峙する室屋に対して付いていく形。自陣に引いたときは5バックのようになるときもあった。

 一方の右は、3枚になる東京のビルドアップ隊に対して道渕が前に出て、数を合わせる形を取っていた。

 しかし道渕が前に出るものの、道渕がオジェソクのパスコースを消していないので、森重からオジェソクへパスが通り、道渕が二度追いするシーンが何度か見られた。

f:id:khigu:20190812202109p:plain

 理想としては、上図のように道渕がサイドバックのパスコースを切りながら森重へプレスを掛け、コースを限定させることが1つ挙げられる。そして森重がボランチサイドハーフへパスを出すところを狙うといったことをしたい。

 もしくは道渕が前に出たならば、それに呼応してサイドバック(蜂須賀)が相手サイドバックへとプレスに行くか。どちらかが考えられる。

 仙台はここ最近、前からプレスに行きたい意識を見せているが、そのプレスに連動性がないシーンが多い。なので、コースを切りながらプレスを掛けるか、それか全体がさらに連動して守備をするか。その辺は仙台の課題と言えるだろう。

 

 ただ、東京に危ないシーンを作らせたかというと、危ないシーンはほとんど作らせなかった。

 飲水タイムを挟んで道渕がプレスに行かなくなり、ある程度構えて守備をする方向へシフトチェンジしたこともあり、シマオと平岡を中心にしっかり東京の守備を跳ね返すことができた前半だった。

 

 前半はお互いに慎重に、そして睨み合いのような展開だった。スコアレスで折り返す。

 

後半

(1)より迫力のある攻撃にするために

 前半は、お互いに睨み合いのような展開。リスクを最小限に抑えながら、後半勝負という過ごし方だった。そんな後半はどこで、どうやってギアを上げていくか、そして過酷な条件のなかで自分たちの土俵でサッカーをできるかがテーマとなる。

 

 まずは、仙台が施した修正ポイントから見ていくこととしたい。

f:id:khigu:20190813072117p:plain

 前半は、東京のカウンターを警戒しながらのプレーだったために、仙台はボール保持の局面で人数とリスクを掛けずにプレーしていたのがほとんどだった。

 しかしギアを上げたい後半は、前半よりも縦に早くボールを送ることが多くなる。東京からボールを奪うと、2トップが相手サイドバック裏へとランニングし、そこへボールを送ることで、素早く相手の背後を取って前進しようと試みるシーンが増えた。

 そして、相手の背後でボールを収め、全体を押し上げ、そこから相手ゴールへ迫るシーンを作っていった。

f:id:khigu:20190813072542p:plain

 またボール保持の局面に移行すると、後半は富田が右斜めに落ち、蜂須賀を押し上げるようになる。前半の右サイドは蜂須賀と道渕だけで、突破しようというシーンがほとんどだったが、富田がいることで蜂須賀が高い位置を取れ、道渕との距離感も改善された。

 よって、仙台は素早く縦にボールを送ることを優先としながら、ボール保持の局面に移行すれば、サイドで3人ないし、4人で数的優位を形成して攻める狙いを見せていった。

 

(2)してやったりの東と永井

 続いて後半に入っての東京を見ていく。

f:id:khigu:20190813073919p:plain

 

  後半の東京の入り方は前半とあまり変わらないものだった。前から守備のスイッチを入れるというよりは、まずは仙台のボール保持に対してしっかり構えて守備をするシーンが多かった。

 ただ、変化したポイントとしては、自陣に撤退したときの2トップの関係が縦関係になっていたことだ。基本的にはディエゴオリヴェイラがトップ下のように、永井がワントップのようになっていた。おそらく仙台のボランチをケアするためのものだと思われる。

 そしてロングカウンターから永井の裏というのも準備していただろう。

 

 そして56分に狙い通りの形が実現する。東京のゴールキックの流れからセカンドボールを東が回収し、裏へ走っていた永井へ。裏を取られたシマオが後手を踏み倒すとPK獲得。してやったりの東と永井だった。

 そしてそのPKをディエゴオリヴェイラが一度は止められるも、クバがラインを踏んでいなかったためやり直し。そのやり直しを決めて、東京が先手を取ることに成功した。

 

(3)前からの守備でギアを上げる東京

 先手を取られた仙台は、攻めの姿勢を強めて東京を押し込む展開へと持っていきたい。

 しかし、東京がそうはさせまいとギアをもう一段階上げる。

f:id:khigu:20190813075236p:plain

 飲水タイムを挟んだ70分以降から、東京は前からプレッシングを開始する。ここまで前プレをせずに、体力を温存していたかのように、仙台のボール保持に襲い掛かり、時間とスペースを奪い取っていった。

 仙台はこのプレスにかなり苦しめられることとなる。特に前半はスムーズに前進できていた左サイドでは平岡が三田のプレッシングを受けたことで、前進が窮屈になってしまう。

 東京は守備の強度を保つためのカードを切っていく。ジャエル、大森、ナ・サンホを投入し、守備、特に前プレの強度を保つことで、ゲームを上手くオーガナイズさせていった。

 仙台は長沢、中原、リャンと攻撃のカードを切っていく。しかし新加入の中原はゲーム勘がなく、ミスが続いてしまい攻撃の勢いを削ぐ形となってしまった。

 リャンは、左サイドから右サイドへ流れ、ペナ角に侵入し、ボールを受けることでチャンスメイクしていたが、その落としをハモンが活かしきれない。

 

 最後の最後まで東京の牙城を崩せなかった仙台。先制点は思っていた以上に自分たちへと重くのしかかる結果となってしまった。0-1での敗戦を喫した。

 

最後に・・・

 PKでの1点が最後まで重かった試合。首位の貫録を見せつけられてしまった。

 しかし、90分を通じてみれば、危ないシーンや自分たちが与えてしまった隙はPKくらいで、それ以外ではしっかり守ることができており、本音を言えば勝ち点1でも持ち帰りたかった内容だった。

 

 あとは攻撃でもっと変化が欲しい内容だった。特に先手を奪われた後半。相手の堅い守備を崩しきるためのアイデアと勢いが不足していた。この辺りは戦術的なところと切り札的な存在が必要になってくると思う。切り札で言えば、ジャーメインや崇兆、海夏といったところがケガから帰ってくれば、より攻撃のギアを上げることができると考えている。

 

 水曜日の天皇杯・富山戦を挟み、次節はホームでの川崎フロンターレ戦。上位との対戦だが、連敗は避けたいところ。今節できた我慢強い守備でペースを掴み、王者から勝点3をもぎ取ることを期待したい!!

先手必勝~明治安田生命J1第21節 ベガルタ仙台vsジュビロ磐田~

 今回はジュビロ磐田戦を振り返します。夏本番。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20190805224634p:plain

 前節・セレッソ大阪戦をスコアレスドローで終わったベガルタ仙台。今節はそのセレッソ戦からスタメンに変更はなし。ベンチには、ケガから帰ってきた長沢が入った。

 一方のジュビロ磐田は、1-3で敗れた浦和レッズ戦のスタメンから大幅に変更。新加入の今野、秋山、ルキアンは早速スタメンに選ばれた。

 

前半

(1)相手が整っていない間に仕留める

 この試合は、開始間もなくゲームが動く展開となった。

 3分に磐田のセットプレーを奪うと富田から仙台のカウンターが発動。右サイドを攻略すると、道渕のクロスが磐田のクリアミスを誘い、それを関口が冷静に仕留めて先制に成功する。

 さらに8分には、またもセットプレーのこぼれを関口が拾い、相手をかわすとロングカウンターが発動。関口が左サイドから中央へとドリブル。それに呼応するように石原がフリーランで相手を引っ張り、中央のスペースを空け、そこに登場する道渕。関口のパスを受けた道渕がカミンスキーとの1対1を決めて、仙台は10分間で2点のリードを奪うことに成功した。

 

 共通点は、相手セットプレーからのカウンター。おそらくこの試合で準備や狙っていた形という訳ではなく、日ごろからのトレーニングや意識が生んだゴールといえよう。

 特に1点目のように、富田が奪ったボールを丁寧に繋いだことで、カウンターに持っていくことができた。クリアだけではなく、あのようにパスを繋ぐことで生まれる世界線を大事にしたいと思う次第だ。

 夏場の戦いは、先制点が1つのポイントなる。その中で、早い段階で2点のリードを奪えた仙台は、非常に有利な展開でゲームを運ぶことができるようになった。

 

(2)仙台の磐田攻略のポイントと狙いとは

 2点先行した仙台。その後の試合展開も、ボールを保持する仙台。それに対応する磐田という構図でゲームが推移していった。

f:id:khigu:20190807214235p:plain

 磐田のオリジナルフォーメーションは3-1-4-2だが、ボール非保持のときは山田がシャドーのように振る舞う5-4-1ないしは5-2-3の形となっていた。

 おそらく仙台のビルドアップ隊(センターバックボランチ)へ前線3枚(ルキアンとシャドー2枚)が前プレする形を準備していたのだと思うが、見ていくと磐田のシャドーの2枚が、どのタイミングで仙台のボランチ(もしくはセンターバック)へプレスに行くのかが整理されておらず、中途半端なプレスの仕方になっていた。

f:id:khigu:20190807214713p:plain

 よって、仙台はサイド大外のサイドバックへボールを付け、相手ウイングバックを引き出すとその裏(相手ウイングバックと3バックのギャップ)にスルーパスを送り、そこに2トップやサイドハーフが抜け出してチャンスを作り出すシーンを増やしていった。

 この試合では開始から2トップの並びが、左にハモン、右に石原という並びだったが、おそらくサイドに流れるハモンの特徴とこの狙いをリンクさせるためのものだと思う。そういう意味では、トレーニンからしっかり準備してきた形と言えるだろう。

 

(3)飲水タイムを挟んだ磐田の修正

 試合は22分に飲水タイムに入る。この短い時間を利用して劣勢の磐田が修正を図った。

f:id:khigu:20190807220011p:plain

 飲水タイムの磐田は、前述したようにシャドーの守備基準が曖昧で前プレが機能していなかった。

 飲水タイム後の修正は、そのシャドーの守備に基準と狙いを持たせることだった。磐田は仙台がサイド経由の攻撃だと分かると、仙台のサイドバックへボールが渡ったときにシャドーがプレスを開始する。

 シャドーが中央へのコースを切り、仙台のパスルートをサイドへと限定させ、攻撃を限定させていった。

 またシャドーの守備基準が明確になったことで、ウイングバックも必要以上に縦スライドすることなく、狙われていたウイングバック裏のスペースを埋めることに成功する。

 このことで徐々に仙台のボール保持を規制させ、自分たちへのペースを持っていった。

 

 そして27分のその狙い通りの守備で永戸からボールを奪うとカウンターからファウルをもらってフリーキックを得る。

 そのフリーキックは壁に阻まれるが、その二次攻撃から左サイドで再びフリーキックを獲得すると、山本のキックに今野が合わせて1点差に詰め寄る。

 守備が機能した磐田が、狙い通りにボール奪取から得点へと結びつけた形となった。

 

 その後も、磐田がボールを握る展開へと移行する。仙台もボールは奪えども、試合序盤のように奪ったボールをなかなか前線へと届けられない。磐田のネガティブトランジションを越えることができず我慢を強いられる展開となり、前半が終了する。

 2-1で仙台がリードし、後半を迎える。

 

後半

(1)サイドからの攻撃を整理する磐田

 前半は、早い段階で2点リードを奪った仙台が、その後もペースを握り試合を進めるが、飲水タイムを挟み、磐田が守備を修正すると徐々にペースが変わり、31分の今野のゴールで1点差となった流れだった。

 

  後半は、より攻勢を強めたい磐田がペースを握り、ゲームを進めるようになる。

f:id:khigu:20190807221831p:plain

 前半の磐田は、仙台を押し込んだとき、同サイドの多くの人数を掛ける形を取っていた。逆のインサイドハーフが登場したり、2トップがいたりと、より密集地帯を作って突破しようとする狙いがあった。

 しかし、密集しながらも、揺さぶりがないぶん仙台としては、しっかり同サイドを守っていれば怖くない磐田の攻撃となっていた。

 

 後半の磐田は、人数の掛け方を修正し、基本的に同サイドの左右バック(高橋と新里)、ウイングバックインサイドハーフ、2トップの4人の関係でサイドを突破するようになる。特に右サイドでは高橋が持ち上がってスクエアを形成し、最終的に2トップがサイドバックの裏へ抜け出してクロスを上げるシーンが増えていく。

 図では山田だが、ルキアン、途中投入されたアダイウトンがサイドに登場するシーンが多くなった。象徴的なのが65分のプレーで、右サイドから左サイドへと揺さぶり、左のクロスにアダイウトンが合わせた形だ。あそこで得点が決まっていたら、ゲームの流れがさらに磐田へと傾いていったはずだ。

 

(2)課題と向き合う仙台

 押し込まれる時間が長くなった仙台。飲水タイムを挟んで、再び前へ出ようと修正を図った。

f:id:khigu:20190807222654p:plain

 飲水タイム後の仙台は、相手の3バック、特に左右バックに対してサイドハーフが寄せるシーンが増える。

 ここ最近のような撤退して守備するだけではなく、もう一度前に出て、ラインを押し上げようとする狙いが見られた。長沢を64分の段階で投入したことも、もう一度前から守備のスイッチを入れようという狙いだったと思われる。

 

 しかし、サイドハーフがプレスに行ってもサイドバックが連動していないので、プレスが遅れ、結果的に磐田にサイドバック裏のスペースをさらに与える格好となってしまった。

 

 ただ、ここ最近の押し込まれたらサイドハーフが下がって5バック化するのではなく、もう一度自分たちからアクションを起こして、前から守備に行こうという狙いが見えたのは良かった。ここでサイドバックボランチも連動して守備ができるようになると、戦いの幅が広がる。そういった意味では、ミスをしながらも課題と向き合って戦っている証拠だと感じたシーンだった。

 

(3)5バックで逃げ切る仙台

f:id:khigu:20190807223428p:plain

 試合終盤に向けてクロス爆撃になっていく磐田の攻撃に対して仙台は、ハモンに代えてジョンヤを投入。5-4-1にして逃げ切りを図る。

 5バックにして面白かったのが、ここまでズレが生じていたサイドの守備が整理できたことだ。相手のウイングバックと仙台のウイングバックが対峙する形となったので、クロスを簡単に上げさせない、もしくは遅らせることでペナルティエリア内の守備を整わせることに繋がり、仙台はしっかり集中力を保って跳ね返すことができた。

 アディショナルタイムの4分もしっかり逃げ切った仙台が、4試合ぶりの勝利をホーム・ユアスタで挙げることに成功した。

 

最後に・・・

 まさに先手必勝というゲームだった。最後まで勝ち点3を掴んで離さなかった試合だった。

 磐田の修正があり、前半の飲水タイム後からは徐々にペースを握られる苦しい展開だった。後半の開始にしっかり修正して再度盛り返すことができれば、より良かったが、まずはリーグ戦3試合勝ててないことを考えれば、厳しい夏の戦いでしっかり勝点3をもぎ取れたことを素直に喜びたい。

 また、押し込まれたときに、自分たちでもう一度押し返す、前から守備のスイッチを入れていこうとする意思を見られたのは良かった。まだまだ連携面に課題は残るが、継続することで自分たちの武器にしていきたい。

 

 厳しい夏の戦いは続く。次節はアウェイでのFC東京戦。首位相手ではあるが、苦手な相手ではない。しっかり我慢強く戦い、首位相手に一泡吹かせたい!!