ヒグのサッカー分析ブログ

ベガルタ仙台の試合分析が中心です。

チーム完成度の差~明治安田生命J1第7節 大分トリニータvsベガルタ仙台~

 さて、今節は大分トリニータ戦を振り返ります。

↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20190414215024p:plain

 ベガルタ仙台のスタメンは前節・鳥栖戦と変更なし。今シーズン初めて2試合続けて同じメンバーがスタメンとなった。またベンチには石原直樹が帰ってきている。

 大分トリニータは、ボランチに島川を起用。古巣対戦となる。それ以外は変更はなし。

 連勝を目指す両者の試合となった。

 

前半

(1)大分のボール保持に対して仙台が準備してきたもの。

 この前半では、まず守備において仙台が準備してきたことや前半の途中で行った修正などを見ていきたい。

f:id:khigu:20190417211633p:plain

 大分は、キーパーを含めた11人全員が関わったボール保持からの攻撃をスタイルとしている。この試合でもそれは例外ではなかった。

 大分のボール保持は、ビルドアップを安定させるためにビルドアップのスタート地点において、数的優位を確保することが特徴だ。

 自陣深い位置であれば、キーパーとセンターバックの鈴木が並列になり、2対1を形成。相手が撤退し、ピッチの中央でボールを保持するときは、ボランチの一角が下がって2対1を形成する。そこからボール保持の状態を安定させ、相手の守備にズレを生じさせながらボールを前へ運び、ゴールへと結びつける。

 

 そんな大分に対して仙台が準備したことは、噛み合わせを合わせることである。

 以前から書いているが、仙台の守備は人を基準として守っているために、守備の基準点がハッキリすることが重要である。

 この試合では、相手の3バックに対して仙台は2トップなのでズレが生じるのだが、仙台は海夏を一列上げ、その代わりに富田と兵藤がダブルボランチを見る形で、基準で明確にした。なお、ジャーメインに関しては、キーパーと鈴木、またエリアが変われば落ちてくるボランチと鈴木を見る形で、1人で2枚を見ることとなっていた。相手の2枚は距離が遠くないので、タスクオーバーにはならない。

 ジャーメインは背後のボランチを気にしながらなので、プレスを掛けるというよりは背後を気にしながら、大分のボール循環をサイドへと誘導するタスクだったと思われる。

 仙台としては、相手エリアでボールを奪えることを理想としながらも、相手がロングボールを蹴ってくれればオッケーというイメージだった。そういう意味では前半の守備は上手くいったと思う。

 

(2)大分の狙いたいスペース。仙台が施した修正。

 仙台の守備が上手くハマったとは言え、もちろん大分が仙台陣内へと侵入することもあった。

f:id:khigu:20190417213036p:plain

 大分の攻撃は、ほとんどが右サイドからだった。おそらく岩田と福森の攻撃能力の違いによるものだと思われる。

 仙台は撤退したときには5-3-2を形成するようになっていた。よって守備で撤退すると岩田のポジションがフリーになりやすい。

 ただ、仙台としては人を基準で守るので誰かが出ていく。よってハモンではなく崇兆が対応することとなる。そうすると背後でも金正也がずれて松本へと対応し、結果的にペナ角のスペースが空き、そこに小塚や藤本などに利用されることとなった。

 常田がスライドして対応することもあったが、そのスライドが遅かったりすると、ペナ角のスペースを開けてしまうこととなった。前半の大分のチャンスは、ほとんどがこのスペースからであり、自分たちがストロングポイントとしているサイドからの攻略が行えていた。

 

f:id:khigu:20190417213803p:plain

 ただ、仙台もやられっぱなしになるわけではなかった。前半の半分が経過したころになると、自陣でもハモンがそのまま岩田に付いていくようになり、仙台の左サイドでマークのズレがなくなった。

 これで大分が利用していた右サイドのペナ角を埋められるようになり、大分の攻撃を抑えることに成功した。

 前線を2枚から削ることとなったが、しっかり埋めるべきポイントを前半途中で埋めることができたという意味では評価のできる修正だったと個人的には考えている。

 

(3)崩しきれなかった大分の守備ブロック

 

 大分のボール非保持、守備の特徴は、素早く守備ブロックを形成することである。大分がボールを奪われたら、そこで即時奪回を狙うのではなく、自陣に下がって守備ブロックを形成することを優先としている。この意識はかなり徹底されているものだった。

 

 逆に言うと仙台はこれが分かっていたので、(1)で書いたように大分にロングボールを蹴らせてもオッケーということなった。

  •  相手陣地から守備で守備ではめ込む
  •  大分がロングボールを蹴る
  •  セカンドボールを回収する
  •  大分が自陣へ撤退する
  •  仙台のターンになる

 みたいな流れを作り出すことで、仙台は自分たちのターンの回数を増やしていった。

f:id:khigu:20190417214743p:plain

 ボール保持することができた仙台だったが、大分の引いた5-4-1のブロックを崩しきることがなかなかできなかった。

 大分の守備は、キーパーの高木と3バックを中心にペナルティエリアをしっかり固め、クロスやシュートに対してしっかりクリアすることやブロックすることが意識づけられていた。

 また仙台の2トップは、裏に抜け出すことが得意だが、大分の守備が低いのでスペースがなく、なかなか鳥栖戦のような形を作り出すことができなかった。

 例えばジャーメインとハモンの位置を左右で変えてみたり、先発で石原を起用することで大分のディフェンスと中盤の間のスペースから崩しに掛かる狙いを持っていても良かったかもしれない。ただ、前節2人とも得点を決めたことなどを考慮するとこの2人がスタメンだったことは妥当だったと思う。

 ペナルティエリアでシュートを打たせてもらえなかったという表現が正しい前半の攻撃だった。

 

f:id:khigu:20190417215501p:plain

 そして大分は、途中からシステムを3-1-4-2へと変更している。この狙いについては、後半に書くこととしたい。

 

 前半は大分のボール保持を上手く守りながら自分たちのターンを増やしたものの、大分の守備を崩しきれなかったという内容だった。

 スコアレスで折り返す。

 

後半

f:id:khigu:20190417215501p:plain

 両者、交代はなし。前述した通り、大分は前半途中でシステムを3-1-4-2へと変更している。

(1)システム変更とハーフタイムの整理によって得点に結びつけた大分

 まずは、大分のシステムを変更した狙いがどこにあったのかを見ていきたい。

 大分は攻守においてシステムを変更した狙いを持っていたと思うが、最も利益を得ることができたのは守備の方だった。

f:id:khigu:20190417221504p:plain

 大分の守備は5-3-2での守備ブロックへと変わっている。

 前半、システムの噛み合わせのなかで構造的にフリーになる富田がいた。富田がセカンドボールを回収することで仙台は二次攻撃へと繋げられたことは確かで、前半ではキーマンとなっていた。

 そんな富田の位置に2トップを配置し、富田にボールを渡らないように修正を施した。

 そして3センターは中央の3レーンを守るイメージ。前半の5-4-1のブロックでは、大分の中盤4枚のボランチとシャドーの間のスペースを海夏と兵藤が利用することで仙台は、大分のブロック内へ侵入を試みることができていた。

 しかし大分は3センターにすることで、そのスペースを埋め、仙台に中央のエリアを使わせないようなった。

 これで海夏と兵藤は下がってボールを受けることとなり、前半よりも押し込んで攻撃することができなくなった。

 左サイドでは、崇兆がハーフスペースへと入り込んで、高い位置までボールを持っていくことができたが、右サイドでは、海夏のポジションが低くなり、なかなか深い位置までボールを運ぶことができなくなっていった。

 

 そして大分は、守備を整理したことで後半早々にショートカウンターから先制点を奪うことに成功する。47分だった。

f:id:khigu:20190417222142p:plain

 仙台が3バックでボールを回していると、三平が前プレのスイッチを入れる。三平が常田へとプレスへ行くと後方も、これに呼応して連動してプレスを行う。常田は兵藤へと縦パスを通すが、岩田にカットされカウンターが発動。最後は、奪った岩田がゴールを決めて先制する。

 もちろん常田のクリアミスがあったが、大分のプレスがハマり、狙い通りのゴールを奪うことができたシーンだった。しっかりハーフタイムで整理できた証拠がこのゴールだろう。

 

(2)抗うことができた仙台だったが・・・。

 リードを許した仙台だったが、大分がボールを保持したときの守備の整理はできていた。

f:id:khigu:20190417223218p:plain

 アンカーの島川が落ちてきたこともあるが、仙台は相手がシステムを変更してきても再度守備の基準点を整理し直せたことで、システム変更でズレを生み出したかったであろう大分のボール保持攻撃から危険なシーンを作らせることはなかった。

 反対に中盤のボールの奪い合いで競り勝つと、そこから局面をひっくり返してカウンターを発動できるようになる。このカウンターを活かすことができれば良かったが、ジャーメインもハモンも海夏も活かしきることはできなかった。これは今後の課題といえよう。

 

 奏功しているうちに大分は、三平からオナイウ阿道にスイッチ。

f:id:khigu:20190417223707p:plain

 この交代で、大分はロングボールを上手く使いながら前進できるようになる。仙台はボランチから前の選手が大分のボール保持を阻害しようとくるが、その反面、ボランチと3バックの間にはスペースができ始めていた。

 ここを見逃さなかった片野坂監督。高さとキープ力のあるオナイウを入れ、ロングボールを効果的に使うことで、仙台の前プレを無効化&疑似カウンターに繋げられるようになっていく。この交代が後半の流れを変えたものだと考えている。

 

(3)選手交代によって失われたもの

 仙台はジャーメインから石原、兵藤からリャンにスイッチする。

 前線の選手には疲労が見え始め、徐々に前プレが効かなくなってきたこともそうなのだが、それ以上に交代で入ってきた選手が守備の基準点を失う形となり、そのことで前プレが機能不全へと陥ってしまった。

 結果的にこのことが77分の追加点に繋がったと思う。疲労で前へ行けなくなったのは事実だが、加えて前線が選手が代わったことで、誰がどこへ行くのかが曖昧になり、それが連鎖として起こってしまい、最終的にゴール前まで運ばれる形となってしまった。

 リードを許し、得点を奪わなければならなかったが、その分バランスを保っていた守備が機能しなくなったことで、追加点を奪われてしまった。非常に切ない失点となってしまった。

 

 最後に長沢を投入する仙台だったが、長沢へロングボールとそれのセカンドボールを狙うパワープレーなのか、はたまた地上戦で運んでいくのか。全体がバラバラに動いてしまったところでジ・エンド。

 0-2で大分の勝利。仙台は今季初の連勝とはならなかった。

 

最後に・・・

 チームの完成度の差が内容、結果とともにそのまま出てしまった形となった。非常に切ないがこれが現実だ。

 ただそれでも、守備の基準点をハッキリして、狙いを持って守備ができたり、相手の変化に応じて守備の修正を施せたところはポジティブに捉えられるところだと思う。

 しかし一方で、最後まで崩しきれなかった攻撃は課題となった。特に相手がシステムが変わって、うちの使いたいポイントを使わせないようにしたときに、またすぐに立ち位置を変えて、相手のブロックに侵入できなかったところだ。

 チームスタイル的に、いい立ち位置を取ることが必要とされているなかで、それができなかったということは、チームが新しくなったと言ってもやはり悔しい。この部分はやはり突き詰めてやっていって欲しいところだなと思う。

 

 次節は鹿島戦。大切なのは連敗しないことである。いい立ち位置からの攻撃をもう一回思い出して、次節こそアウェイ初勝利をもぎ取りたい!!

僕が僕であるために~明治安田生命J1第6節 ベガルタ仙台vsサガン鳥栖~

 さて、サガン鳥栖戦を振り返ります。今節は淡々とレビューをしていきます(笑)

 ↓前節のレビューはこちら

khigu-soccer.hatenablog.com

 

スタメン

f:id:khigu:20190407095641p:plain

 ベガルタ仙台は3-1-4-2のシステム。3バックのセンターには常田。右ウイングバックに蜂須賀。2トップの一角にジャーメインが前節との変更点となった。

 サガン鳥栖は金崎とクエンカが縦関係の4-4-1-1のシステム。センターバックに出場停止明けの高橋祐治、そしてクエンカが前節との変更点となっている。

 お互いに勝ち星がなかなか挙げられていない今シーズン。浮上のきっかけを掴むのはどちらか。

 

前半

(1) 人とボールへプレスに行けるようになった守備

 この試合は、前節まで悪かった部分が整理されたことで非常に内容が改善された。まず前半では、どこが整理されたことで良くなったのか。守備と攻撃に分けて見ていくこととしたい。

 

 まずは守備から。

 前節・セレッソ大阪戦での記事でも書いたが、仙台の守備は人への意識が強い。よって、相手ボールホルダーに対してプレスが掛けられているときは、ある程度ボールを奪取できているが、そうではないときにはスペースを守ることができずに守備が破綻するケースが多いと述べた。

 今節の守備では、その「相手ボールホルダー」へのプレッシングを意識することで、守備を改善することができた。

f:id:khigu:20190407221855p:plain

 仙台の守備セットは5-3-2ないしは3-5-2でセットされる。

 鳥栖センターバックがビルドアップのスタートの場合は2トップは基本的には行かずにボランチへのパスコースを遮断するポジションを取る。

 鳥栖としてはシステムの噛み合わせ上、サイドバックがフリーになりやすいので、そこへパスを出す。しかしこれが罠。仙台はサイドバックにボールが渡るとインサイドハーフないしはウイングバックがスライドしてプレッシングを開始する。

 サイドバックが前進できずにセンターバックへボールを下げれば、鳥栖センターバックに対して2トップがプレッシングに行く。 

 15分の先制点はまさにこの守備が機能したことで、高橋祐治のフィードをカットした蜂須賀からカウンターでの得点を生み出すことができた。狙い通りの得点と言えよう。

 また撤退時には、鳥栖が片方のサイドで攻略を図ろうものなら仙台も同数で人を掴まえ対応していた。加えてクエンカや金崎にはしっかり人が付いていくこと、後ろを向いたら前を向かせないようにし、複数人で囲むような守備もできていた。

 

 加えてネガティブトランジション(攻撃から守備への切り替え)でも、すぐに下がるのではなく、素早い切り替えを行い、ボールホルダーへプレッシングを行うことで相手の攻撃を遅らせていた。この試合ではジャーメインやハモン、海夏が切り替え時に素早くプレスを掛けに行ったシーンが象徴的であり、それが後半のゴールへと繋がることとなる。

 しかし、切り替え時のプレスを剥がされカウンターを許すシーンもあった。その時は3バックと富田を中心に中央からサイドへと攻撃を誘導することで、カウンターを遅らせ対応することができた。特にこの辺りの富田のプレーは秀逸。さすがに一言であった。

 

(2)3つの前進パターンと、「幅」と「奥行き」の取れたカウンター

 続いては攻撃。ここで取り上げるのは前進の方法とカウンターについて。

f:id:khigu:20190407223311p:plain

 まずはボール保持からの前進について見ていきたい。

 この試合の前進パターンは主に3つあった。

 まずは1つは、常田からウイングバックへのロングフィード。監督コメントにもあったように常田起用の最大の狙いはここにあったようだ。

 最初のプレーは8分。常田から蜂須賀へのフィードだった。鳥栖のセットは4-4-2でクエンカと金崎は富田を守備の基準点としており、常田はフリーであった。おそらく大岩であったら、フリーにさせても問題はないが、常田にはこのフィードがある。よって、鳥栖としても面倒だったと思う。その後は金崎とクエンカが縦関係になって対応するシーンが見られた。

 2つ目のパターンは、左右バック、ウイングバックインサイドハーフの3人の関係で前進するパターン。これは以前から行っていた形(3-4-3のときはインサイドハーフではなくシャドー)。しかし今節は3-1-4-2でインサイドハーフの選手が登場したことで、ウイングバックと左右バックとの距離感もシャドーのときよりも整理され、よりいい距離でボールを動かすことができた。ここも監督コメントで話していたポイントだ。

 最後3つ目が、2トップがサイドバックの裏へ抜け出してボールを受けるパターン。ジャーメインとハモンの2トップにしたのは、これを行いたかったからだと考えている。相手サイドバックウイングバックへと引っ張られるケースがあることをスカウティングした結果だと思う。先制点も流れたのは海夏だったが、狙い通りサイドバックの裏を利用することができたシーンだった。また3バックが前プレにあって苦しいときの逃げ場ともなった。ここまでこのようなプレーがなく、3バックも苦しかっただろうが、このプレーでかなり助けられたと思う。

 

 続いてはポジティブトランジション(守備から攻撃への切り替え)からカウンター発動について。

 この試合の仙台はボールを奪った後に「幅」と「奥行き」を取ることができた。

 カウンターの局面だけではないが、常々攻撃は幅と奥行きを取れるかが重要なゲームなんじゃないかと思っている。守備はその反対だと思うし、サッカーはすごく単純化するとそこが重要なのではないかと。

 例えば右サイドでボールを奪った時に、まず見ていたのは相手選手の裏。前述したようにサイドバックの裏である。15分の先制点もその狙いを表現できた。

 そこがダメなら逆サイド。右サイドから左サイドへと展開することでウイングバックが前進する。開始早々にボールを奪取し左へ展開してから崇兆がきわどいクロスを上げたシーンがあったが、あれも1つの狙いだったと思う。このサイドを変えるプレーが素早いことで、仙台はカウンターを発動することができていた。

 

 このように攻守において整理ができた仙台は、15分にジャーメインのゴールで先制し、前半を折り返す。1-0で後半へ。

 

後半

f:id:khigu:20190408220105p:plain

 後半スタート時のメンバー。仙台は変更なし。鳥栖は前半に負傷交代の福田に代わって松岡が起用されている。

(1)左偏重の鳥栖の攻撃と仙台の対応

f:id:khigu:20190408220552p:plain

 後半開始からの鳥栖の振る舞いを見ていると、前半にもあったように左サイドに人を集めて攻撃に出る。

 おそらく攻撃の中心であるクエンカが左サイドを得意としているからのような気がする。属人的だけど。

 やはりボールを持ったときの雰囲気が違うクエンカ。なんかしてくれそうなクエンカ。そこから鳥栖の攻撃が行われることが多かった。

 後半開始早々に三丸のクロスから松岡が合わせて惜しいシーンを作りだしていたが、あれは一つの狙いだったように思える。

 なので仙台は開始から少し我慢するシチュエーションを過ごすこととなった。

 

 そんな仙台がすぐさま対応をする。きっかけは52分。海夏が高橋秀人からファウルを受けたシーン。

 ここで2トップの位置を変える。右にハモン、左にジャーメイン。

f:id:khigu:20190408221328p:plain

 これで2トップの役割を明確にした。右に移ったハモンは、押し込まれていた右サイドでのポジティブトランジション時のポイント(図でのネガトラポイントは間違い、ポジトラポイントです。)。いわゆるカウンターの起点となり、奪ったボールを収めて全体を押し上げる役割。ブルシッチとの戦いでも優位性を持つことができたので、このエリアで攻守をひっくり返すことができるようになった。

 一方のジャーメインは、シンプルに裏を抜ける。全体的に前傾姿勢になった鳥栖の裏を突く役割を担った。

 そして53分にその効果が出る。自陣からの金正也からのロングフィードに抜け出したジャーメイン。左サイドからのクロスは繋がらなかったものの、後方から蜂須賀がプレスし、原川のミスパスを誘う。そのボールを奪った海夏のシュートは左ポストに弾かれるも、こぼれ球を兵藤が押し込み、リードを広げることに成功した。

 2トップの位置を変更してさっそく結果を出すことができた。

 

(2)ゲームをうまく進められた仙台

 仙台は、67分に平岡から大岩へスイッチ。鳥栖の左サイドからの攻撃に対して守備強度を上げる交代を行う。

 この試合、常田が3バックのセンターで及第点以上のパフォーマンスを見せることができ、大岩を脅かすことができた。もしかするとこれからは平岡と大岩で右バックのレギュラーを争う形になるかもしれない。そういう意味合いでの交代とも見て取れる。

 鳥栖はクエンカを左サイドに配置するも、真ん中からサイドにポジションチェンジしたクエンカには脅威を感じなかった。おそらく彼がもたらしていた流動性が、彼が左サイドに張ることでなくなってしまったからではないかと思う。そういった意味では仙台としては守りやすくなった。

 奏功するうちにクエンカは小野と交代。まだ90分できるコンディションではないのだろう。鳥栖としてはこれで攻め手を失った形となった。

 

 仙台は守備強度を保つために兵藤からシマオ・マテ、海夏からリャンにスイッチ。ここまで頑張ってスライドをしてきた3センターにテコ入れをする。

 82分には、ブルシッチのハンドがありPKを獲得するも、ハモンがこれを外す。

 しかし、それでも諦めなかったハモン。最後までゴールを狙い続けると90+3分に、崇兆のパスを受け、ダブルタッチからのシュートでPKを外した汚名を返上する。

 90分間、攻撃に守備にハードワークし、PKを外したものの最後までゴールを狙ったハモンに、サッカーの神様が微笑んだように感じた。

 そしてタイムアップ。3-0の完勝で、今シーズン初勝利を挙げた。

 

最後に・・・

 ようやく勝った。長かった。正直ホッとしたというところが本音である。

 この試合では前節まであった迷いがなくなり、チームが一体感を持って戦い切れたことが勝因だと思う。

 1つ勝てたことで、今年のチームの基準みたいなものを作ることができたのは大きい。多くのメンバーが変わった中でもがいてきたが、結果が1つ出たことが自信に繋がったことは間違いない。

 ただ、これはゴールじゃなくてスタート。大事なのはここから継続して戦い、結果を出すことであり、そのためには課題だったところはしっかり修正しなければならない。そういった意味では、水曜日のルヴァンカップ・柏戦や次節・大分戦は非常に重要な試合となる。

 

 リーグ戦の次節・大分トリニータ戦は、今節のようにはいかないはずだ。片野坂監督はしっかりスカウティングしてくるであろう。さっそく真価が問われる一戦となりそうだ。

 そういった中でもしっかり戦い、結果を出したいところ。この勢いをさらに加速させ、ここからの巻き返しに期待したい!!

逃げるなっ!!~明治安田生命J1第5節 ベガルタ仙台vsセレッソ大阪~

 代表ウィーク明けの初戦。今回はセレッソ大阪戦を振り返ります。

 っと、いつも通り淡々と振り返りをしようと思って見直していたのですが、ポジティブな内容もなく、非常に頭を悩ませる厳しい試合だなと改めて痛感しました。

 なので、今回は趣向を変え、開幕から勝てていないという現状に対して、まずは自分なりに面と向き合ってみようというのが今回の記事です。

 何が悪くて、何ができていないのか、何を忘れているのか。今節のセレッソ大阪戦をもとに考えていきたいと思います。

khigu-soccer.hatenablog.com

 あとは開幕直前に書いた、この記事ともリンクさせながらお話を進められればと思います。 

f:id:khigu:20190331213316p:plain

 両チームのメンバー、布陣はこのような形。いわゆるミラーゲームですね。

 

テーマ①:「人」への意識が強いボール非保持

 まずはボール非保持、守備についてである。開幕から強化のポイントとして挙げていたが、開幕戦のスコアレスドロー以外は失点を重ねてしまっている状況にある。

f:id:khigu:20190404202943p:plain

 仙台のボール非保持時は「人」への意識が強い。自分の近くにいる相手をまずは意識するといったところだろうか。

 今節は、ミラーゲームということもあり、より人への意識が強い守備が見て取れることとなった。特に象徴的だったのが、相手のウイングバックが高い位置を取ったときに、仙台のウイングバックがそれに引っ張られるケースが多かったことだろう。

 

f:id:khigu:20190404203353p:plain

 人への意識が強い仙台のボール非保持において、ボールを奪えた局面は共通して守備の基準、マークがハッキリしたときであった。

 上図のように長沢がヨニッチへプレスを掛け、その間に同サイドの海夏や崇兆が人を掴まえてボールを奪うというシーンは、割と前半に見られたケースだったし、非常に良かったシーンだと思う。

 

f:id:khigu:20190404203700p:plain

 これを持続することができれば仙台だって守備で困らないし、攻撃へと繋げられる。しかし、サッカーは「相手のいるスポーツ」である。ゆえに相手だって対応・変化していくのは当然である。

 セレッソが25分過ぎから奥埜とソウザを長沢の両脇にポジションすることが明確になっていった。これによって長沢はヨニッチへのプレスに行きたくても行けない。シャドーもボランチに行くべきか、3バックへ行くべきか判断に迷う。ダブルボランチは柿谷と清武の登場で前3人を援護できない。みたいに少しずつ前から限定できなくなった。

 このときにしっかりやられたくないスペースを埋めながら対応したり、前から限定できるように誘導していくとかができればいいのだが、その対応が今の仙台はできない。

 加えて人への意識が強いために、先制点のようなローテーション攻撃をされると簡単に裏へ突破されてしまう(埋めるべきスペースを埋められていないから)ことになる。

 これは1日2日でどうなるものではないが、トレーニングのなかでしっかり仕込んでいかなければならないものだろう。

 

 またもう1つボール非保持において問題がある。

f:id:khigu:20190404204423p:plain

 それは先ほどの話ともリンクするのだが、中央の大岩が、真ん中から動かない(動けない)ために左右バックが出ていった後ろのスペースが生まれやすいということである。

 これは今に始まった訳ではないし、昨シーズンから見られていた光景ではある。

 今シーズンの仙台は守るときの横幅と3ラインのコンパクトさは昨シーズンからだいぶ改善されているが、肝心のブロック内の構造に変化ないために、昨シーズンと似たような攻められ方をされている。

f:id:khigu:20190404204801p:plain

 理想なのは、やはりしっかりスライドしてチャレンジ&カバーのポジションを確保できることである。またそのときに逆サイドはある程度捨てて、ボールが移動している間にスライドすることが理想だろう。

 このようなこまめな移動と意識を心掛けなければ、本当の意味での守備の強化にはつながらないと思っている。耳の痛い話だが、できていないことが事実なのだ。

 

f:id:khigu:20190404205050p:plain

 ここからはおまけ。セレッソはどう守っていたかというお話である。

 セレッソは「人」の前に「スペース」という意識を持っている。特に前からプレスに行くときは、プレスを開始するスタート地を重要視している。しっかりとプレスを掛けられる立ち位置を取る。セレッソはそこが明確であった。

 そして都倉からプレスをスタートするわけだが、その時に後ろのシャドー2人が、次にどこへ行くのかを予測しながらプレスを掛けることができている。3人が連動して動けているわけだ。

 ビルドアップ時には仙台は人数的にはセレッソよりも多いが、セレッソはしっかり予測し、パスコースを限定しながらプレスを掛けているために、局地的に同数を作り出すことができ、仙台のボール保持を妨害することに成功していた。

 仙台と一番違うところは前3人がプレスを掛けるときに、3人が連動性を持ってできているかどうかというところで、セレッソから学ぶことが多かった内容だった。

 

テーマ②:前プレ隊を超えて行け!

  続いてはボール保持に関してである。このチームが2年の歳月を掛けて育ててきた部分である。

 しかし、昨シーズン終盤から今シーズンまでなかなかそのボール保持で脅威を発揮できていない。その最たる理由は、相手の研究にあると思っていて、今節のセレッソのように相手が前プレを仕掛けてくると、それに正面から衝突してしまって、ボールを前進できない状況にある。

 そして、それへの対策のために行っていたのが、ボランチが最終ラインに落ちて4枚で前進する形だった。しかし個人的には、これが本来仙台が持っていた「いい立ち位置を取る」ということを自ら無くしてしまったように考えている。

f:id:khigu:20190404212321p:plain

 というのも4枚にしたのはいいものの、前線3枚とウイングバックが前線に張り出してしまい、前方と後方で分断することになり、よってパスコースも少なく、前プレを最終的に食らってしまう形となってしまっている。

 それ故に、決してビルドアップ能力が高いとは言えない大岩や平岡がミスをする回数も多くなり、ビルドアップ隊によりボールを繋げられるような選手が欲しくなっているというのが個人的な見解である。

 

f:id:khigu:20190404212721p:plain

 もちろん後方にボールを繋げられる、運べる選手がいてほしいのは確かである。しかし仙台はそもそも、個人に頼るチームではなく、チーム全体で押し上げていくチームだったはずだ。

 各選手がいい立ち位置を取りながら、相手のプレッシャーを剥がしていき、そしてゴールへと向かっていくチームだったはず。今このチームに足りないのは、そういう部分だと思っていて、チーム全体で、相手の前プレを超えていく意識を思い出す必要がある。

 後方が3枚でも4枚でもいいのだが、形に応じて後方から前方までがリンクして立ち位置を取ることが大事だ。そこにこのチームの魅力があったわけだし。まずはそこを思い出してほしいし、できているときはできているので、あとは意識的に、意図的に実行していくことだろう。

 

 また、ボールを前進していくときは、相手全体を意識するのではなく、まずは前プレ隊を超えていくことが必要だ。相手の前プレ隊を超えていけば自然と相手は下がるし、そこから相手を押し込んで攻撃を仕掛けられることができる。

 だからボールを保持することのなかでも、相手の前プレ隊を超えるようにチームが命懸けで取り組んでいく必要がある。そこから光が見出せると思う。

 

テーマ③:シンプルさも求められるラスト30m

 最後にゴール前、ラスト30ⅿについてである。

 今節においては、特に左サイドからの攻撃回数が多かった。湘南戦でもそうだったが、兵藤や崇兆、海夏やこの試合は出場しなかったが阿部など、レーンを跨ぐプレーヤーが複数いることで、旋回攻撃、ユニットでの崩しができるようになっている。

 しかし、この試合に限って言えば、そのユニットで崩そうという意識が高いあまりに攻撃をやり切る場面は少なかった。

f:id:khigu:20190404214116p:plain

 ユニットで崩そうという意識はとてもいいことだと思う。しかしゴールは真ん中である。そこに向かっていかなければ意味がない。

 この試合では長沢、ハモンが出場していたし、左からの攻撃時は中で2人が待っている状態だった。なので、そこへシンプルにクロスを上げるシーンも作るべきだっただろう。

 特にこの試合ではペナルティエリアの角、通称「ペナ角」でボールを回すことも多く、そこからアーリークロスを上げることができたら守備も嫌だったはずだ。

 そこで崩すだけではなく、時にはシンプルなプレーも心掛ける。この2つをうまく使い分けられると、シュートまでやり切れるシーンも増えるだろうし、何よりもペナルティエリアにボールを入れることができる。そこの意識をより持ってほしい。ゴールは真ん中である。

 

 最後に・・・

 今回は試合の内容を淡々と読み解いていくのではなく、自分の思っていることを中心に書いた。なので我の強い文章だったかと思う。

 

 今シーズンは多くの主力も抜け、メンバーが大きく変わったシーズンで、それ故にそこが勝てない理由にしてしまいそうになるのだが、この記事を書くに当たって見直してみて思ったのは、昨年から続く課題や問題をなかなか解決できてなかったり、今まで積み上げてきたものを忘れてしまったり、そこから離れてしまったりしているところが原因なのかなと感じている。

 なので、課題や問題に真摯に向き合うことや今までやってきたこともう1回思い出すことが重要なのだろうなと考えている。特に後者の部分はとても強く感じる。

 現状を投げ出さないこと、逃げないこと、真摯に向き合うことがこの長いトンネルを抜け出す方法なんだと思う。苦しいことから目を背けないで生きていけるか。

 

 次節のサガン鳥栖戦は、背水の陣である。勝つことを期待したいではなく、勝つしかない。覚悟の一戦である。