ヒグのサッカー分析ブログ

ヒグのサッカー観戦日記からのお引越しです。ベガルタ仙台の試合分析が中心です。

我慢比べに敗れる~J1第9節 ベガルタ仙台vsジュビロ磐田~

 さて、今回はジュビロ磐田戦を取り上げます。

f:id:khigu:20180421173917p:plain

 ベガルタ仙台は前節から大岩、ケガから帰ってきた板倉、石原が川崎戦と代わってスタメンとなった。水曜のルヴァン・新潟戦はユースっ子を使いながらターンオーバーをした。

 一方のジュビロ磐田。前節・鳥栖戦は松浦のゴールで勝利。その鳥栖戦からは体調不良で欠場した川又がスタメンに復帰している。こちらも水曜のルヴァン・札幌戦はターンオーバーを行った。

 

■前半

(1)磐田の守備ブロックと前進できるスペース

 前半の磐田は名波監督の試合後のコメントにもあったように、守備でしっかり我慢しようという内容だった。攻撃的に行って得点を奪うことよりも、まずは失点を0にして折り返す。アウェイの戦いを選んだ。

f:id:khigu:20180422172008p:plain

 ゆえに磐田は試合開始から5-4-1の守備ブロックを組んでスタートとなる。前線3枚は、仙台の3バックにプレスを行うというよりは、2シャドーは、仙台のボランチと左右センターバックの間にいることが多かった。

 

 ということで、仙台はスタートからボールを握る展開となった。相手シャドーが中に絞っていたことので、板倉と金から前進することができた。

 板倉から金へのサイドチェンジのパスから前進していたのも、この試合の特徴的なシーンだった。

 

(2)前進したその先とリャンのトップ下起用の意図とは?

 左右センターバックの位置から前進することができた仙台。では、その先にはどのような景色が広がっていたのか。そんなところを見ていたい。

 磐田は5-4-1の守備ブロックを敷き、仙台のポジショニングに対して、迎撃守備で迎えている。仙台に対してマンツーマンで見る形。仙台としては昨シーズンから苦手・課題としている手である。

 

 そんな磐田に対する仙台の解答が、リャンをトップ下に置いた3-4-1-2である。ポイントは相手の中央のプレイヤーを動かすこと。さらに細かく言えば、相手ボランチと3バックの立ち位置にズレを作らせることで、その隙を突くことが狙いだった。

 

 具体的なプレーを見ていく。27分。f:id:khigu:20180422173806j:plain

 金からサイドチェンジのボールを受けた板倉。フリーで前進する。

f:id:khigu:20180422173849j:plain

 運ぶドリブルで相手を引き付けた板倉は晋伍に横パスを送る。

 このときに石原は降りてきて、リャンは斜めのランニングで、お互いが3バックを引っ張る動きを行う。

f:id:khigu:20180422174102j:plain

 パスを受けて前を向いた晋伍は、野津田を飛ばし、左のハーフスペースにいる西村に出す。

f:id:khigu:20180422174301j:plain

 ボールを受けた西村はターンして左サイドを向き中野へ展開する。このときに高橋を引っ張り出し、開いた裏のスペースに野津田が、飛び出していく。

f:id:khigu:20180422174419j:plain

 左サイドで受けた中野は縦の突破しクロスを試みるも、磐田ディフェンスに阻まれ、コーナーキックとなる。このときには中に3人が待ち構え、ペナ付近にも3人が備える格好となった。

 

 このように各選手がフリーランをすることで相手を引っ張る。そして引っ張ってできたスペースに誰かが飛び込むという形を狙っていた。しかしこのシーンでは、連動した動きと引っ張る動きがあったものの、完全に磐田の守備に穴を開けるに至っていない。それだけ仙台が試行錯誤していたとも言えるし、磐田の守備が強固だったとも言える。

 

 そしてこのシステムのキーマンはトップ下のリャンだった。おそらくリャンに託されたタスクは、相手の3バックとボランチの間を動くことで、ボランチないしは3バックを動かし、中央にパスコースを作ることだったと思う。なので2トップ下というよりかは、3トップの1.5列目の位置が役割としては正しかったのかもしれない。バルサでいうメッシの偽9番みたいなタスクがリャンのタスクのなかにはあったように思う。

 ただ、肝心のリャンがどの位置取りをすればいいのかがハッキリできていなかった。監督コメントにも前線3人が動きすぎたとあったように、動きすぎたことで相手を引っ張り出せなかった。もう少しボランチをピン留めするなどの工夫があっても良かったのかもしれない。ただ、初めてのトライで失敗はあるもの。エラーを起こしながらうまく使いこなせてほしい。

 

 前半は仙台がボールを保持し、磐田は我慢強い守備からカウンターで好機を狙いという展開だった。ゴールなく0-0で折り返す。

 

■後半

(1)仙台の修正

 前半は前線が動きすぎたことで、自分たちが狙っていた攻撃を繰り出せなかった仙台。後半はそこを修正することで後半開始からチャンスを作り出していく。

 

こちらも具体的なシーンを見ていきたい。46分のシーン。

f:id:khigu:20180422180344j:plain

 右サイドでボールを持った野津田は裏へ走る西村へロングボールを送る。後半序盤はこのようにシンプルに裏を狙うシーンが増えていった。

f:id:khigu:20180422180449j:plain

 ウイングバックの裏を取れた西村は大井を引っ張り出すことに成功。そして味方のあがりを待つためにキープする。

f:id:khigu:20180422180540j:plain

 オーバーラップしてきた蜂須賀へスイッチ。そして蜂須賀は大きいタッチで大井を抜いていく。

f:id:khigu:20180422180638j:plain

 えぐることができた蜂須賀のクロスは弾かれてしまう。

f:id:khigu:20180422180719j:plain

 しかしそのこぼれ球を拾った西村が晋伍に落として、シュートを打つも磐田守備陣にブロックされる。

 

 続いては50分のシーン。

f:id:khigu:20180422180832j:plain

 中盤の左サイドでボールを奪った仙台。中野から裏へ動き出したリャンへスルーパスを送る。

f:id:khigu:20180422180938j:plain

 左サイドでボールを受けたリャン。このときも大井を引っ張り出すことに成功する。そしてハーフスペースへ一気にランニングする西村へパス。

f:id:khigu:20180422181035j:plain

 得意の角度で受けた西村だが、シュートは相手の脚に当たり、右へ逸れてしまう。仙台にとってはこの試合最大の決定機だった。

 

 このように後半の仙台は、サイドの裏を起点に使うことや全体の距離感を修正することで、チャンスを作り出した。特に相手3バックを動かすことができ、狙っていた形ができたといえる。この時間帯に先制点を奪えれば結果も変わってきただろう。

 

(2)一瞬の隙を突いた磐田

 こういう書き方をすると仙台ペースと言いたいところだが、磐田も48分にカウンターからギレルメのクロスに田口が合わせる惜しいシーンを作っている。ゆえに両者後半開始からチャンスを作り出していた。よってどっちが決めるか、隙を突くかの展開へとなっていく。

 そしてそのチャンスを活かしたのは磐田だった。56分。

 磐田の左サイドで磐田のスローインになるとギレルメが素早く投げる。左サイドの裏でボールを受けた中村俊輔。大岩を引き付けながら右足でクロスを上げると、田口が絶妙なトラップからシュート。DFにブロックされるもこぼれ球を松浦が押し込み、磐田が先制する。

 奇しくも仙台が狙っていた相手を引っ張り出す動きを磐田にやられたシーンだった。そして前述した田口の決定機とほぼ同じ形。伏線となってしまった得点だった。

 仙台としては大岩が引っ張り出されたカバーをうまく行えなかった。板倉の絞りが若干甘かったように思う。

 

 追加点は2分後の58分。西村への縦パスをカットした磐田は、そのまま左サイドへ展開。小川大貴がドリブルで運び、そのままカットインして豪快な左足のシュートはネットを突き刺し、見事な追加点となった。

f:id:khigu:20180422182919j:plain

 ポイントは小川のドリブルを追い越していく高橋のランニングだろう。これでも中野は野津田に小川を預けることになった。しかし野津田の対応が遅れ、最終的には豪快なシュートへと繋がってしまった。

 前半はこのように3バックがランニングすることがなかった。反対に後半は高橋のランニングが見られ、磐田が攻撃のスイッチを入れた証拠だった。にしても素晴らしい一振りだった。

 

(3)集中力が切れてしまった仙台

 この失点直後にリャンからジャーメインに代わる。しかし2失点目のショックが大きかったというか、ここで集中力がぷちんと切れてしまった。

 もちろんゴールを狙って戦っていないわけではない。ただ、いつも以上にミスが目立った。単純なパスミスや無謀な突破が増えてしまい、時間を追うごとにゴールに向かう迫力がなくなっていく。

 その後、古林と永戸を投入して、サイドからの攻撃を狙う仙台だが、大井を中心に守る磐田の守備は強固で簡単にはシュートを打たせてくれなかった。

 

 極めつけは82分。右サイドからの俊輔のフリーキックに田口が合わせ、ダメ押しの3点目となった。俊輔のキックの質と田口の飛び込みは狙っていたものだろう。仙台は今シーズン初のセットプレーからの失点となった。

 

 反対に終盤は数多くのコーナーを得た仙台だが、活かしきれずにタイムアップ。0-3の完敗となってしまった。

 

■最後に・・・

 久々の完敗だった。磐田の強固な守備を崩す前に、我慢強く守っていた磐田にチャンスを活かされた格好となった。残念無念。

 新しいことにチャレンジしたこともあってか全体的にミスが多かった。単純なミスパスや判断のミス。取られ方も悪いのでカウンターのチャンスを立て続けに与えてしまった。

 攻撃では相手の深いところまで運べていないので、川崎戦のような素早い切り替えからの即時奪回で二次三次攻撃へと繋げられることも少なかった。反省材料は多い。

 

 しかしこの試合では完敗を喫してしまったが、そんなに心配はしていない。ここまでの戦いぶりを思い出せば、しっかり立て直せるからだ。

 上位に止まるためにも連敗だけは避けたい。そういう意味でも次のセレッソ戦は重要な一戦になる。しっかりと立て直し、また素晴らしいサッカーを披露してくれることを期待したい!